ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。フライトエピソードを始め、ワインや宝塚、愛犬などについて書いています。

キス・アンド・フライ【愛して 飛んで 生きて】

客室乗務員は、その業務の特質上、定期的に健康診断を受けなければならない。

わたしが勤める某外資系航空会社では、日本で年に2回、本国で5年おきの受診が義務づけられている。

前回、婦人科検診で引っかかったので心配したが、今回は異常なしで胸をなでおろした。

 

15年前、子宮がんと宣告された。

小さい子供がいたので、先のことを考えると不安で仕方がなかった。

さいわい初期だったので、すでにアサインされていた仕事を終えてから入院することになった。

 

フライト当日。

これで最後かもしれないと思うと、同僚やお客様が愛しくて、何度も泣きそうになった。

大好きな仕事。

大好きな飛行機。

けれども、キャビンで私情は禁物。

笑顔で10時間余りを終えた。

 

飛行機を降りようと、いつものように搭乗口に向かう。

すると、乗客がはけた客室に、機長以下全員が集まっていた。

なにごとかと思った刹那、日本人の同期M美のかけ声で、一斉にバースデーソングを歌い出した。

 

びっくりして、にわかに状況判断ができなかったが…そうだった。

到着した日は、わたしの誕生日だったのだ。

 

「お誕生日おめでとう!スウィーティー」

「泣くほど嬉しかったの?おばかさん」

「泣きまねするなんて、ほんと女優なんだから〜」

 

口々にお祝いの言葉をかけながら、皆がハグしてくれる。

病気のことは知らせていないので、わたしがサプライズに感動しただけだと思って、冗談さえ飛ばしてくる。

 

ステイ中、「これを食べるのは最後かもしれない」「もう買い物もできないかもしれない」と、ネガティヴなことばかり口にしていた。

そんなわたしを励まそうと、M美は内緒でクルー全員にわたしの誕生日を祝おうと提案し、事前に打ち合わせをしていたのだ。

 

手術は成功し、あれから15年。

わたしは、生きている。

 

マニュアル通りではなく、ときに家族や友達に接するように、同僚そしてお客様と向き合うM美。

他人を心から思いやり、行動できる人間こそ、この仕事にふさわしいと教わった。

わたしも、だれかの心に寄り添い、だれかの心を動かせるような人間になりたいと思った。

すばらしい同期を持ったわたしは、本当に幸せだ。

 

キス アンド フライ。

あの日にもらった、たくさんの心の花束をポケットに忍ばせて。

わたしはいまも、空を飛び続けている。

 

E3DACBA6-2D1E-497C-BA61-B49007219732.jpeg

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。

 


人気ブログランキング