ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

宝塚月組2022年【グレートギャツビー】月城かなと&海乃美月コンビにぴったり!

宝塚月組2022年【グレートギャツビー】月城かなと&海乃美月コンビにぴったり!

 

F・スコット・フィッツジェラルドによる小説。

20世紀アメリカ文学最高峰のひとつと評価される「グレートギャツビー」

 

2022年夏、宝塚歌劇団月組での上演が決定した。

月城かなとさんはギャツビーにピッタリだし、海乃美月さんもデイジーのイメージ通り。

ほかのキャストはまだ発表されていないが、ニック、トム、マートル、ウィルソン、ジョーダン、ウルフシェイム。

いまの月組には、そのすべてにハマり役だと思われる役者さんが揃っている。

 

グレートギャツビーについての考察

 

わたしはこの作品に詳しい。

どれだけ詳しいかというと、

 

f:id:ciel114:20211210134223j:image

 

論文を書いたくらいだ!(笑)

 

それもただの論文ではない。

大学の卒業論文である。

 

英文学科専攻のわたし。

規定は、「英文で」「40枚以上」

当時のわたしにとっては、気の遠くなるような課題だった。

 

まず、原文を読破するのが難しい。

時代背景をふまえて物語を検証し、テーマを決め、筋の通った感想を述べるまで、じつに1年を要した。

 

書き上げないと卒業できない。

いつ果てるとも知れぬ泥沼を、わたしは這いつくばった(大げさ)

 

このたび、月組さんで再演されると知り、眠れる論文を起こしてみた。

 

f:id:ciel114:20211210135607p:image

 

目次

第1章

ギャツビーの運命のカギを握るデイジー

第2章

ギャツビーの夢の崩壊

 

二幕物みたいになってる!(笑)

 

アメリカンドリームのかけら

 

宝塚版ミュージカル「グレートギャツビー」の初演は1991年。

雪組の杜けあきさん、鮎ゆうきさんがトップコンビだったころ。

 

わたしが卒論を書いたのはそのあと。

宝塚に興味もなかったので、観に行くこともなかった。

 

それがのちに、瀬奈じゅんさんの大ファンとなり、足繁く月組に通うことに。

2008年、グレートギャツビーが日生劇場で再演されると決まったとき。

わたしは運命を感じた。

 

人生の1ページを、その研究にささげた(大げさ)作品の主人公を、自分のご贔屓が演じてくれるのだ。

生きた、人間の姿をしたギャツビーが。

しかも、最高にかっこいいギャツビーが。

本の中でしか知らなかった彼が、目の前で動いている。

 

ギャツビーが追い求めたアメリカンドリームに比べると、小さな夢かもしれないけれど。

わたしは、刹那の夢に酔いしれた。

 

2013年にはレオナルド・ディカプリオ主演で映画化、2017年には井上芳雄さん主演で舞台化されたが、瀬奈じゅんさんの「背中で語る」芝居が、わたしはいちばん好きだ。

 

朝日の昇る前に

 

f:id:ciel114:20211210155109p:image

 

これは論文の序章。

ここから先は内容が稚拙すぎて、目を背けたくなるだろう。

 

だが、20代のわたしが、恋や人生について抱いた思いが、たくさん詰まっているはず。

パンドラの箱を開けるようで怖い気もするが、これをきっかけに読み返してみよう。

 

いま時は流れて 箱を開けようとしてる

わたしは変わってしまっただろうか

ずいぶん変わっているかもしれない

でもわたしは取り戻そう

あの日のあの夢

輝ける未来あふれる 朝日の昇る前に

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


日々の出来事ランキング