ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系エアライン客室乗務員Vikiのブログ。コロナで今はオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

Never forget you 〜明日海りおさんを忘れない〜 退団公演【A Fairy Taleー青い薔薇の精ー】【シャルム!】レポート

Never forget you 〜明日海りおさんを忘れない〜退団公演【A Fairy Taleー青い薔薇の精ー】【シャルム!】レポート

 

f:id:ciel114:20191121211128j:image

 

2019年11月24日。

宝塚を代表するタカラジェンヌ、明日海りおさんが退団される。

 

宝塚歌劇団89期生。

愛称・さゆみさん。

月組時代を経て、花組トップスターへと就任。

トップオブトップとして、タカラヅカを牽引してきた明日海さん。

この方の最後の舞台を観たくないというヅカファンは、まずいないだろう。

 

基本的に全組観劇するけれど、贔屓の組・贔屓のジェンヌを持つファンが多数を占める。

それでも、この人の最期だけは見届けなければという、暗黙の求心力みたいなものが存在する。

 

ふだんは宙組びいきのわたし。

でも明日海さんの素晴らしさは別次元というか、もはや典範のようなスタイルがあって。

宝塚ファンを名乗るなら、彼女のパフォーマンスを理解する必要がある、とさえ思ってしまうほど。

 

そんなすごい人だから、退団公演である「A Fairy Taleー青い薔薇の精ー」「シャルム!」のチケットは、取れないオブ取れない。

 

宝塚友の会、各種プレイガイド、クレジットカード会社など、あらゆる手を尽くして手配を試みたが、一枚たりとも取れやしない。

 

これまで超人気公演で、切実なチケット難に陥ったときでも、宝塚ファンの友達や関係者の方からお話をいただき、かろうじて観ることができていたのに。

 

ここまでご縁がないと、悲しいを通り越して、むしろ清々しい気分にさえなった。

それほど、明日海さんが偉大だという証拠だからだ。

 

気持ちを切り替えるため、わたしはツイッターでつぶやいた。

 

f:id:ciel114:20191121213304p:image

 

すると、これをご覧になった心あるフォロワーさんたちが、お手持ちのチケットを譲ると申し出てくださったのだ!

 

複数枚入手されたといっても、一枚一枚がとても貴重で大切なチケット。

ツイッター上で繋がっているとはいえ、見ず知らずのわたしなどにお声がけをくださったことに、驚きを隠せなかった。

Fairytale(おとぎ話)のような、本当の話。

優しいお心遣いに心から恐縮するとともに、感謝で胸がいっぱいになった。

 

花組、サイコー!

 

かくして、悲願の花園への切符を手にすることができたわたし。

ここからは、公演の内容についてお話したいと思う。

 

f:id:ciel114:20191121211535j:image

   

感想を書くことすら畏れ多いような。

そんな公演だった。

壮麗、玲瓏、厳粛…

どんな言葉をもってしても、あの舞台を的確に表現することはできない。

 

幕間は、涙が止まらなくて困った。

前評判の分かれる作品だったが、わたしは本当に心を打たれた。

明日海さんはもちろん、柚香光さんも素晴らしかった。

次期トップお披露目公演は、ぜひとも観に行きたいと思う。

 

昔から、「花組が宝塚を牽引する」と言われている。

今回の舞台を観て、その理由をまざまざと見せつけられる思いがした。

 

【青い薔薇の精】シャーロットの台詞に学ぶ人生学

 

新トップ娘役、華優希さん演じるシャーロット。

お芝居終盤の、年老いた彼女のセリフが胸にこたえた。

 

色々なことがあったわ。

大人になるとね、生きていくって、とっても大変だから。

 

人はいつも、なにかを心の拠り所にしている。

乗り越えがたい現実を、乗り越えるために。

シャーロットにとってのそれは、妖精たちだった。

 

ここに夢がないと、現実に負けてしまいそうになるの。

でも、私の心の奥には、ずっとあなたがいてくれた。

だから、生きてこられた。

 

ご本人はまだ若いのに、悟りに満ちたような演技に感動した。

胸をトントンと叩きながら。

ここにあなたがいたのだと言う。

きっとだれもがあの瞬間、自分の人生を投影したことだろう。

 

大切なものを守りたい。

大人になっても忘れたくない、自分にとっての宝物。

その価値の大きさを、そっと耳打ちされるような気持ちで劇場を後にした。

 

シャルムな妖精

 

Never forget you 

Never forget everything of you 

 

透明感のある美しい声。

まるで妖精のような風貌。

チャーミングなその笑顔で、だれをも魅了する明日海りおさん。

あなたこそ、正真正銘の「シャルム」

 

退団の日は、刻一刻と近づいているけれど。

男役として活躍される、最後の最後の瞬間まで、応援しています。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。


客室乗務員ランキング