ミセスCAのオン&オフ日誌

🛫 空、タカラヅカ、英語、ときどきジュエリー 💍

ランチにおすすめ カジュアルフレンチ Bisous【ビズ】神楽坂

ランチにおすすめ カジュアルフレンチ Bisous【ビズ】神楽坂

 

銀座でも渋谷でもない東京が、ここにある。

 

静かな佇まいのなかに、これ見よがしでない温もりが点在する街・神楽坂。

 

一歩足をふみ入れると、いつのまにか虜になっている自分に気づくだろう。

 

大都会で居場所を見失いそうになったとき、この街を訪れるといい。

 

真の贅沢とはなにか。

もういちど気づかせてくれるはずだ。

 

今日は、息子が通う学校のママ友が案内してくれた、おしゃれなランチスポットをご紹介する。

 

1BFF94D3-42E2-4E67-82EA-4143ADF03A44.jpeg

 

神楽坂の駅から5分ほど歩いた、閑静な路地裏の石畳の先に現れる瀟洒なビル。

 

間口の狭い階段を上がると、心づくしのオーナメントが出迎えてくれる。

 

聞けば、オーナーシェフのハンドメイドなんだそうだ。

 

f:id:ciel114:20180520173503j:plain

 

ここはフランスワインだけでなく、日本のワインにも力を入れている。

 

日仏の食文化のマリアージュが、存分に楽しめることで評判だ。

 

4740B772-0485-4639-920F-826125D9A2BC.jpeg

 

平日ランチにおすすめのコース

 

メインをお魚に決めたわたしたち。

 

ワインは本日の魚料理のソースに負けないよう、樽熟成のシャルドネをチョイス。

 

宮崎県産【都農ワイン】とのマリアージュを楽しむ

 

宮崎県都農町産自社畑100%純国産シャルドネ100%使用の、都農ワイン・シャルドネ・エステート。

 

ほかのシャルドネとは明らかに一線を画す、なんとも複雑味のある味わい。

 

樽香がすばらしくエレガントで、これはクセになりそう。

 

しっかりとしたコクも感じられ、国産ワインのポテンシャルの高さを見せつけられる思いがした。

 

個人的には、忘れられない白ワイン5本の指に入る。

 

5467DD2A-9F27-44B8-87B5-1AB1C0AD50FF.jpeg

 

 

 

最初のひと皿が運ばれてきた!

 

お皿はなんと有田焼だという。

 

前菜【ローストビーフ】

 

お皿の桃色がお料理と溶けあって、さながら一点の絵画のようだ。

 

9D2B2030-5C50-4C74-BD18-5D015979E1D3.jpeg

 

スープ【カリフラワーの温かいスープ】

 

やさしい味のクリーミーなスープ。

 

38195B71-6D7D-4780-BD11-19E08F19E989.jpeg

 

メインディッシュ【青森県産マダラとつぶ貝のブランダード パートフィロ包み】

 

ブランダードとは。

鱈とジャガイモをペースト状にした、南フランスはラングドック地方の郷土料理。

 

そこに、つぶ貝とセロリが加わって…魚介と野菜の異種試合や〜!

 

というノリに持ち込みたいところだが、冒頭からの気取った流れが台無しになるので封印する。

 

B97059A6-CFB8-4301-8E55-5B2E7E95B7E9.jpeg

 

すべてのメニューが、都農ワインとの相性抜群。

 

ていねいに作られたお料理は、ていねいに育まれたワインとこそ相思相愛になれるのだと実感。

 

食後のデザート【梨のブラマンジェとコーヒー】

 

コーヒー以外に、紅茶と日本茶のセレクションがある。

 

フレンチの後に日本茶をいただけるお店があるとは驚いた。

 

和食器でいただくコーヒーも、乙なものである。

 

61F2103B-3F97-4B55-9DC0-8D3CADF39C4D.jpeg

 

以上のコースが、しめて1600円。

 

ワインを入れても、なんと2500円以内で収まった。

 

予約が取れないことで有名な理由がわかった。

 

36E5A6BC-AFAB-4DDC-AD90-B3722B1C44D9.jpeg

 

隠れ家というには、開放的で明るい空間。

 

だがここは、たしかに隠れ家である。

 

街の喧騒をよそに、ゆるやかに時が流れる場所。

 

おいしい料理と、優しい笑顔があふれるところ。

 

そんな空間を持てば持つほど、人生は豊かになると思う。

 

restaurant.ikyu.com

  

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


人気ブログランキング