ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系CAのブログ。 フライトエピソードの他、宝塚・ジュエリー・コスメ・ワインなどの情報を発信しています。

即位の礼を目前に控えて

f:id:ciel114:20191021020320j:plain


先日、某大学で教鞭をとられていたという外国人のお客さまをお乗せした。

フランス系カナダ人であるその先生は、とてもすてきな老紳士で、わたしの「なんちゃってフランス語」にも、ていねいに対応してくださった。

 

お話によると、先生はご在職中、浩宮さまに英語の個人レッスンをされていたという。

もちろん、美智子さまにも、何度かお目通りをされたそうだ。

 

…ということは!

わたしは間接的に、天皇陛下ならびに上皇后さまと、おことばを交わすことができたのだ!(強引)

 

浩宮さまは、ご人格、英語力ともに、本当にすばらしいお方だとおっしゃっていた。

10月22日に行われる、「ソクイノレイ」(フランス語風の発音で)についても、誇らしげに話してくださった。

お若いころから、陛下のことを存じ上げられている先生は、どのようなお気持ちでその日をお迎えになるのだろうか。

 

f:id:ciel114:20191021020859j:plain

 

この仕事をしていると、皇族の方々、各国の要人、世界的なスターやトップアスリートなど、ふつうではお目にかかれないような人々に会うことができる。

 

わたしも人間なので、そういったお客さまに出会うと、浮き足立った気持ちになることだってある。

 

だが、いちばん大切なのは、すべてのお客さまに快適な空の旅をお届けすること。

 

人はみな平等。

だから、高貴な身分の方々に敬意は払っても、それは他の人たちに対するものとなんら変わりはないと、ともに働くヨーロッパのクルーから教わった。

 

しかし、即位の礼を明日に控えた今日。

日本人として、厳かな気持ちにならないではいられない。

 

と同時に、天皇陛下も皇后陛下も、わたしたちと同じ血の通った人間。 

明日以降に開かれるさまざまな儀式が、滞りなく執り行われることを、だれよりも案じていらっしゃることだろう。

 

どうか、すべての行事が、つつがなく終了しますように。

そして新しい時代が、差別や争いのない、平和な世の中となりますよう。

日本国民の一人として、心の底から願う。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

下記のバナーに応援クリックを頂けると励みになります。


客室乗務員ランキング