ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。 フライトエピソードをはじめ、オフの日のあれこれ(おもに宝塚歌劇)について綴っています。

デニッシュペストリーとプリンセスケーキ【機内食のおはなし】

デニッシュペストリーとプリンセスケーキ

 

「決戦の木曜日」がやってきた。

ケータリング会社のゲートグルメが、エアラインへの感謝の印として、クルーにデニッシュペストリーを差し入れしてくれる日である。

 

木曜日にデンマークを発つ便だけが対象なので、つぎはいつ当たるか分からない。

前回、痛恨の食べ忘れをしたので、今回こそはと気合いを入れて、シップに乗り込む。

 

「どこを探しても見つからないんだ」

マティアスが肩をすくめて言う。

 

「水曜日だからじゃないの?」

ウルリカが弾んだような声を出す。

 

「今日は木曜日よ!きのうから楽しみにしていたんだもの!」

わたしの<本気と書いてマジ>な態度を見て、ハンナがこう言った。

「出発まで、まだ時間があるわ。届いたら、わたしの分もあげるから」

 

パーサーのビルギッタは、

「大丈夫よ。もし来なかったら、このフライト欠航にするから」

と言ってみんなを沸かせた。

 

お客さまが、つぎつぎに乗り込んでくる。

しかし、いっこうに例のものが搭載される気配はない。

 

こんな〜はずじゃあ〜なかったよね〜♪

 

田原俊彦の名曲「悲しみ2ヤング」が、脳内をかけめぐる。

 

そうこうしているあいだに、お客さまはほぼ出揃った。

『もはやこれまで…』

と思った瞬間。

 

蛍光の黄色いベストを着た地上職員が、わたしに向かって

「Good tour(良い旅を)」

と言って背を向けた。

その背中に、「Gate Gourmet (ゲートグルメ)」の文字!

 

『もしや!』と思った刹那、マリアンがトレーを持って、後ろのギャレーへと歩いて行くのを確認した。

 

「よかったよかった。パーサーが電話をかけたら、連絡不行き届きで4つの部門にたらい回しされたそうだよ」

とセバスチャン。

有能なパーサーであるビルギッタは、完璧な出発準備のかたわら、抜かりなくデニッシュペストリーの手配をしていたのだ。

 

そして飛行機は、無事コペンハーゲンを飛び立った。

 

機内食のおはなし

 

ゴールデンウィークの中日だからか、ふだんはびっしり埋まっている客席もまばらで、ゆっくりオヤツを食べる時間があった。

 

f:id:ciel114:20180504142945j:plain

 

差し入れのデニッシュペストリー

 

わたしは、真ん中のうずまきチョコと、右下のシナモンをいただきました。

また息子から「シナモンロールの写真、切れてんじゃん!」って呆れられそう。

 

今日はお客様が少なかったので、機内食がけっこう余った。

サービスしながら「これおいしそうだな」と思っていたケーキも、たくさん余っていた。

それがこちら。

 

スウェーデン名物 プリンセスケーキ

 

f:id:ciel114:20180504143917j:plain

 

どうです?

おいしそうでしょう?

 

中はフレッシュなクリームとスポンジ 、ラズベリーのジャムでできている。

スウェーデンでは、これを「プリンセスケーキ」と呼ぶらしい。

 

セバスチャンは娘の洗礼式のために、このケーキを手作りしたそうだ。

ほかにもいろんなお料理を作ったので、当日の睡眠時間は25分だったという。

朝の8時に寝て、8時25分に起きたんですって!(笑)

パパの愛情がいっぱい詰まった、あま〜いスイーツである。

 

そして飛行機は、無事成田に着陸した。

 

搭乗口付近で、ハンドリング担当者が、いつものように機内の不具合について尋ねてくる。

 

エコノミークラスで働いていたわたしは

「後ろは問題ありませんけど、前(ビジネスクラス)なにかあるか訊いてみますね」と言ってパーサーのビルギッタを呼んだ。

 

彼女は、ハンドリングの女性に向かって

「夫が不具合だらけなの。あなた、直してくれる?」

と言って笑いを取っていた。

 

美人でお茶目。

こんなリーダーのもとだからこそ、楽しく仕事ができるのだ。

 

わたしたちもそうだが、彼らも一泊で自国に帰る。

短い時間だが、楽しい滞在であることを心から祈っている。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。

 


人気ブログランキング

 

 

📕 リベンジを誓った日の出来事は、こちらからどうぞ。

www.ciel114.com