ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

スウェーデン発【プリンセスケーキ】ハッピーでおいしいデザート

プリンセスケーキ

 

定宿のホテルのロビーで出されるウェルカムウォーターとともに、わたしがウォッチし続けているもののひとつ、機内食のプリンセスケーキ。

 

今日は、その歴史と特徴についてお話したいと思う。

 

スウェーデンでは国民的人気

 

プリンセスケーキは、スウェーデンを代表するスウィーツのひとつ。

お祝いごとには欠かせない、おめでたいお菓子だそうだ。

日本でいう、紅白饅頭といったところか。

 

プリンセスの名を冠するのは、ときの治世者カール王子の3人の娘、マルガレータ王女、マッタ王女、アストリッド王女が好んだことに由来する。

 

日本ではまだ、あまり見かけない

 

日本でも食べられるお店を探してみたが、IKEAをはじめ、かぎられた洋菓子店にしか置いていないようだ。

 

「プリンセスケーキ 通販」で調べたら、文字通りお姫様のかたちをしたヒラヒラのホールケーキが出てきて、キャッ♡となってしまった。

もうすぐひな祭り。

わたしに娘がいたら、確実にお取り寄せしているだろうな(笑)

 

 

カラーバリエーション

 

スウェーデンのプリンセスケーキに話を戻そう。

 

最初のプリンセスケーキは、緑色だったそうだ。

だがその後、青色のプリンスケーキ、赤やピンク色のオペラケーキなど、さまざまな色をしたものが登場する。

 

いまでは、スポンジケーキにカスタード、ホイップクリームをマジパンで包んだものを総称して、プリンセスケーキと呼ぶようだ。

 

機内食のプリンセスケーキ

 

わが社に搭載されているデザートも、数ヶ月ごとに色が変わる。 

 

レッド

 

f:id:ciel114:20190208231934j:plain

 

ブルー

 

f:id:ciel114:20190208232027j:plain

 

ダークブラウン

 

f:id:ciel114:20190208234446j:plain

 

わが社の機内食にプリンセスケーキがお目見えしてからというもの、ずっと観察を続けてきたが、この茶色にはちょっと拍子抜けした。 

これまで元気ハツラツな色をしていたのに、ふつうのケーキになってしまった(感覚が麻痺)

でも、味はいい。

赤や青と違って、ちょっと洋酒が効いているのがオトナ向けの味わいだ。 

いつも断面図を撮るのを忘れてしまうので、つぎはかならず。

 

地味な色のあとには、レモン風味のビビッドなイエローか、満を持して定番の緑色が来ると、勝手に予想している。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

「読んだよ〜」のかわりに、ポチッと頂けると励みになります!


人気ブログランキング