ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

「クセがすごい」髪に。 ルベル イオ セラム シャンプー&トリートメント

f:id:ciel114:20180414004801j:plain

今日は美容院に行く日だ。

朝からワクワクする。

 

プリン頭のカラメル部分が、ずいぶんと伸びている。

明るい色に染めた髪の頭頂部から、新しく黒い毛が生えてきている状態をプリンというが、わたしの場合はその逆だ。

黒髪のてっぺんから白髪が生えてくるのを、コーヒーゼリー頭と呼ぶとか呼ばないとか。

生クリームの部分をそのままにしておくと、最終的には『銀魂』になると思う。

でもまだ40代。

そこまで潔くはなれない。

分け目を変えたりしてカモフラージュを試みるが、4週間が限界だ。

市販の白髪染めではどうもうまくいかないので、サロンにお任せしている。

 

わたしの髪は剛毛でクセが強いのだが、担当者のMちゃんの手にかかれば、手ぐしでキマるヘアスタイルに整えてくれる。

 Mちゃんの凄腕についてはこちらからどうぞ💁‍♀️

www.ciel114.com

この美容室にはもうひとり、わたしにとって大切なスタッフがいる。

トリートメントの魔術師、Tくん。

ていねいな作業に加えて、手がとっても温かいので、薬剤の髪への浸透力がすごいのだ。

その仕上がりの良さは、先輩であるMちゃんからもお墨付きで、『浸透師』という称号が与えられたほど。

ふたりとも、わたしの髪を綺麗にするため全力を尽くしてくれる。

真心こもったプロフェッショナル。

『職人』という言葉は、あの人たちのためにあるのだと思う。

 

スタイリストさんたちの技術もさながら、わたしの髪にはなくてはならないものがある。

それは、クセ毛ケアに定評があるイオセラムのシリーズだ。

これまでにも様々なヘアケア製品を試してきたが、どれもイマイチ似たりよったりだった。

だが、これだけは手放せない。

ルベル イオ セラム 

f:id:ciel114:20180414014010j:plain

もう何回リピートしているかわからないくらい、頼りにしてます❤️

わたしは、トリートメントではなく、マスクの方を毎日使いしています。

Mちゃんいわく、ふつうの髪質の人がこれをやるとベタベタになるそうですが、わたしにはちょうどいい感じです(*´∀`)♪