ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系エアライン客室乗務員Vikiのブログ。コロナで今はオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

梅雨どきクセ毛の救世主 洗い流さないトリートメント【ミルボン エルジューダ エマルジョン】口コミ評価

梅雨でもクセ毛がまとまる理由【ミルボン ディーセス エルジューダ グレイスオン エマルジョン】

 

f:id:ciel114:20180623134946j:plain

 

扱いにくい髪との終わりなき戦い

 

祭りが終わった。

半期に一度の「クセ毛祭り」が。 

いや。

クセ毛を讃える祭りではないから、「クセ毛撲滅祭り」と言うべきか。

←どっちでもいいって?(笑)

 

太い、かたい、多い、クセ毛、アンド白髪。

髪にまつわる「五重苦」

女としては、かなりハンデのある髪質に生まれついてしまった。 

 

「髪は女の命」なんて言葉があったけど、ほんとうにそうだと思う。 

顔をかこむ、額縁の役割をしている髪。

いくら絵自体が美しくても、額縁がショボかったら台無しなのと同じだ。

逆に、どんなに平凡な絵画でも、立派な額縁に入れてやると、それなりの絵に見えてくる。

 

だから(だから?)

わたしは年に二回、縮毛矯正とデジタルパーマの二刀流で戦う。

これがいわゆる、「クセ毛撲滅祭り」である。

根元は縮毛矯正。毛先はデジタルパーマ。

かけた瞬間は、完全に自分の毛ではなくなる。

わたしはこれを、「地毛サイボーグ化」と呼んでいる。

 

しかし、この状態は半年と続かない。

なぜって?

わたしは生きているからだ。 

生きているかぎり、髪の毛は伸びてくる。

出てくるクセ毛の応酬に、また立ち向かう。

はっきし言って、終わらない戦いだ。 

 

では、なぜ戦う?

答えは明白だ。

ーきれいでいたいからー

この気持ちを失ったら、試合終了だと思う。

命あるかぎり、わたしはクセ毛軍と戦うつもりだ。

 

自分のくせ毛から逃れられるのか(by ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト )

 

縮毛矯正もデジタルパーマも、なが〜い時間を要する。

最低でも五時間は、美容院のイスに座っていなければならない。

五時間もあれば、飛行機で香港まで行けてしまう。

グアムやサイパンならば、とっくにホテルに着いている時間だ。

もっと言うと、すでにプールで遊んでいるかもしれない。

 

なのにわたしは。

モーツァルトのような頭で、五時間ほど内なる自分と対話をする。

自分の影から逃れるために(ミュージカル『モーツァルト』より)

←パーマのロッドが音楽家のカツラっぽいだけ(笑)

 

今回も、担当のMちゃんとTくんが、みごとなクセ毛隠蔽工作をしてくれた。

生まれつき、かろやかな髪を持った女のように。  

そして、仕上げにつけてもらったスタイリング剤に惚れた! 

しっとりと潤って、毛先が自然と内側に入ってくるかんじ。

 

そうそう。これよコレ。

 こういうのを待ってたの。

自分の影(くせ毛)から逃れる魔法を。

 

ミルボン ディーセス エルジューダ グレイスオン エマルジョン

 

クセ毛界隈で人気の、洗い流さないトリートメント

【ミルボン ディーセス エルジューダ グレイスオン エマルジョン】

 

なんとも言えない、優しく癒される香り。

やわらかで、まるで赤ちゃんみたいな匂いだ。

テクスチャーは、ミルキーでシルキー。

スッとなじんで、みるみるまとまる。

 

【ミルボンとイオ】どっちがいい?

 

口コミで大評判のサロン品質ヘアケアライン、ルベル 【イオ】

白、赤、オレンジ、黄色、紫など、髪質や悩み別に種類が分かれている。  

 

わたしはもちろん、くせ毛に効果がある白。

白のイオ(=イオセラム)に出会ってこのかた、切らしたことがないほどのヘビーユーザーである。

(この文章の末尾に、イオのレビュー記事リンク有)

 

担当スタイリストさんたちは、わたしがイオ信者であることをじゅうぶん知っている。

そんな彼らがあえて、イオセラムとミルボンを比較して言ったのがこちら。

 

アクアコラーゲンが髪の水分量を整えるから

梅雨時にはルベルイオセラムのオイルより

ミルボンエルジューダエマルジョンがおすすめ

 

なるほど。梅雨には梅雨の保湿剤!

(そんなこととは、つゆ知らず…)

 

美とは終わりなき戦である 

 

実際に、買ってしばらく使ってみた。

雨の日でもボワッとふくらまず、毛先までしなやかにまとまってくれる。

ガンコなクセ毛を手なずけるのにはもってこいだ。

 

四季があるここ日本では、季節ごとに髪のお手入れ方法を変えてしかるべき。

ヘアケア製品を上手に使いわけてこそ、美髪を手に入れられるのだ。

 

それにしても。

いったいわたしは、髪のためにいくらお金をかけているのだろうか。

 

髪は漢字で「長ーーーい友」と書くように、一生付き合っていかなければならないもの。  

数ヶ月もすれば、また魔物のようなうねりに支配されるだろう。 

 

だが、時代は進歩した。

スタイリストさんの技術と知識、そしてヘアケア剤の力を結集すれば、かならずやつらを迎え撃てる。 

新しい秘密兵器、ミルボンエルジューダも手に入れたことだし。

あと半年は、安泰に過ごせそうだ。 

 

\商品の詳細・ご購入はこちら/

  

📕 ミルボン エルジューダの類似商品、ルベル イオセラム オイルの口コミレビュー。

どちらを買おうか迷っているかた必見です。

www.ciel114.com

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。


客室乗務員ランキング