ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

梅雨どきクセ毛の救世主 洗い流さないトリートメント ミルボン エルジューダ エマルジョン

かたいくせ毛におすすめ【ミルボン エルジューダ エマルジョン】

 

f:id:ciel114:20180623134946j:plain

 扱いにくい髪との終わりなき戦い

 

祭りが終わった。

半期に一度の「クセ毛祭り」が。

いや、クセ毛を讃える祭りではないから、「クセ毛撲滅祭り」とでも言うべきか←どっちでもエエって?(笑)

 

太い、かたい、多い、クセ毛、そして白髪。

女にとっては、かなりハンデのある髪質に生まれついてしまった。 

髪は女の命、なんて言葉があったけど、ほんとうにそうだと思う。

 

顔をかこむ額縁の役割をしている髪。

いくら絵自体が美しくても、額縁がショボければ台無しになってしまうのと同じだ。

逆にどんなに平凡な絵画でも、りっぱな額縁に入れてやると、それなりの絵に見えてくる。

 

だからわたしは年に二回、縮毛矯正とデジタルパーマをかける。

根元は縮毛矯正。

毛先はデジタルパーマ。

かけた瞬間は、完全に自分の毛ではなくなる。

わたしはこれを「地毛サイボーグ化」と呼んでいる。

 

しかし、この素敵な状態は半年と続かない。

なぜって?

わたしは生きているからだ。

生きている限り、髪の毛は伸びる。

出てくるクセ毛の応酬に、また立ち向かう。

はっきし言って終わらない戦いだ。 

 

では、なぜ戦う?

答えは明白だ。

「きれいでいたいから」

この気持ちを失ったら、試合終了だと思う。

いのちある限り、わたしはクセ毛軍と戦うつもりだ。

 

縮毛矯正もデジタルパーマも、なが〜い時間を要する。

最低でも、五時間は座っていないといけない。

五時間もあれば、飛行機で香港まで行けてしまう。

グアムやサイパンなら、ホテルに着いている時間だ。

なのにわたしはモーツァルトのような頭で、五時間ほど内なる自分と対話する。

自分の影から逃れるために(ミュージカル『モーツァルト』より)

 

今回も、担当のMちゃんとTくんが、みごとなクセ毛隠蔽工作をしてくれた。

生まれつき、かろやかな髪を持った女のように。 

最後につけてもらった仕上げ剤に惚れた。

毛先が自然と内側に入ってくる感じ。

そうそう。

これよコレ。 

 

なんとも言えない癒される香り。

やわらかで、赤ちゃんのような匂いだ。

ミルキーでシルキーなテクスチャー。

過酷な施術をうけた髪に、しっとりとした潤いを与えてくれる。

 

ミルボンとイオ。わたしの髪にはどっちがいいの?

 

口コミで大評判のサロン品質ヘアケアライン、ルベル イオ。

赤、オレンジ、黄色、紫など、髪質やお悩み別に、いくつかの種類がある。

 

わたしはもちろん、くせ毛に効果がある白。

白のイオ=イオセラムに出会ってからこのかた、切らしたことがないくらいのヘビーユーザーである。

 

担当者のふたりも、そのことをじゅうぶん知っている。

そんな彼らが、イオセラムとミルボンを比較して言ったのがこちら。

 

アクアコラーゲンが髪の水分量を整えてくれるから

梅雨時にはイオセラムのオイルよりミルボンのエマルジョンのほうがいい

 

なるほど!

梅雨には梅雨の保湿剤!

そんなこととは、つゆ知らず(すみません)

 

実際に使ってみた。

雨の日でもボワッとならず、毛先までしなやかにまとまってくれる。

たしかに四季があるここ日本では、季節ごとに髪のお手入れ方法を変えて然るべき。

 

それにしてもいったい、わたしは髪のためにいくらお金をかけているのだろう。

でも、髪は漢字で「長ーーーい友」と書くように、一生付き合っていかなければならないもの。 

 

数ヶ月もすれば、また魔物のようなうねりに支配されるだろう。 

だが時代は進歩した。

スタイリストさんたちの技術と知識、ヘアケア剤の力を結集すれば、やつらを迎え撃てる。

新しい兵器?も手に入れたことだし。

あと半年は、安泰に過ごせそうだ。 

 

 

 ≫  ミルボンエルジューダの詳細はこちらから  

f:id:ciel114:20190303160805j:plain

 

アマゾン・楽天・Yahoo!ショッピングでもお取り扱いがあります】

 

 

 

【類似商品、ルベル ・イオセラムについては、こちらの記事をどうぞ】

 

www.ciel114.com

 

 

✈︎人気ブログランキングに参加中です。

応援クリックを頂けると励みになります! 


客室乗務員ランキング