ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。フライトエピソードを始め、ワインや宝塚、愛犬などについて書いています。

表参道駅3分 オトナの隠れ家【フェイズ】で宮廷タイ料理とワインを愉しむ

表参道駅3分 オトナの隠れ家【フェイズ】

 

f:id:ciel114:20180617150004j:plain

 

ワインアドバイザー、Tさん主催の定例ワイン会。

いつもお喋りに夢中で、お料理の写真を撮るのを忘れてしまう。

だから今回は、すこし気合いを入れて。

 

フェイズさんにはもう何年もお世話になっているのに、まだ一度もお店について書いたことがなかった。

オーナーのSさん直々に取材の許可をいただいたので、はりきって投稿したいと思う。

 

宮廷タイ料理の夕べ

 

表参道の駅から、歩いて三分。

そんな立地にもかかわらず。

大通りの喧騒など素知らぬ顔で、その一軒家は存在する。

静かで優しい佇まい。

ドアを開けると、大人の洒落た夜がはじまる。

 

温かな微笑みに迎えられ、二階に上がる。

こぢんまりとした、だがとてつもなく居心地の良い空間。 

泡と一緒に、前菜が運ばれてくる。

 

タイ皇帝風春巻と海老の香草風味湯葉包み揚げ

 

f:id:ciel114:20180617155259j:plain

 

こちらにあわせる泡は、エレガントな熟成香を感じさせるシャンパン。

 

ジャン・ローラン ブラン・ド・ブラン

 

f:id:ciel114:20180617164449j:plain

 

超有名シャンパンメゾンを超えたとも言われる、ジャン・ローラン。

 

口コミ・評価はこちらをどうぞ。


 

 

ハーフボトルでお試しもできます。


 

 

そして、フェイズで長年大人気メニューのスープとサラダ。

 

トム・ヤム・クン

 

f:id:ciel114:20180617170202j:plain

 

青パパイヤと蒸し鶏のスパイシーサラダ

 

f:id:ciel114:20180617170223j:plain

 

これらのお料理には、爽やかなチリの白を。

 

アレスティ トリスケル ゲビュルツトラミネール

 

f:id:ciel114:20180617170608j:plain

 

 

海老のチリ・ガーリックソース炒め

 

f:id:ciel114:20180617172132j:plain

 

ここで1本目の赤、イタリアワインが。

 

ラセディオ・オルチア・ロッソ

 

f:id:ciel114:20180617173034j:plain

 

力強くも複雑味のある、サンジョベーゼ主体のフルボディー。

 

  

タイ風焼き鳥・ガイヤーン

 

f:id:ciel114:20180617172215j:plain

 

二本目の赤は、スパイシーなお料理に合う南オーストラリア産の銘醸ワイン。

カベルネ・ソーヴィニヨン60%、シラーズ40%。

こちらもフルボディー。

 

ペンフォールズ ビン8 シラーズ カベルネ

 

f:id:ciel114:20180617174122j:plain 

 

 

おつぎは、まろやかで奥行きのある味わい、フェイズご自慢のカレー。

辛いものが苦手なひとでも大丈夫。

「タイカレーって、こんなにおいしかったんだ」って感動することうけあい。

 

タイ風ココナッツミルクのグリーンカレー

 

f:id:ciel114:20180617193023j:plain

 

そして目にも美味しいデザートはこちら。

 

絶品タピオカとフルーツのコンポート

 

f:id:ciel114:20180617193558j:plain

 

オトナの夜の締めくくりは、カナダ産のアイスワインで。

 

Vita(ヴィタ)ヴィダル アイスワイン

 

f:id:ciel114:20180617235439j:plain

 

なめらかで濃厚。神の飲みものと称したい。

 

 

最高級のお料理とワイン、そしてホスピタリティのマリアージュ。

なんど訪れても、また行きたくなる表参道フェイズ。

今宵も、すてきなおもてなしをありがとうございました。

 

 

🍷 人気ブログランキングに参加しています。

乾杯クリックをいただけると嬉しいです。


客室乗務員ランキング

 

 

🍷 一休限定プランで至福のひとときを。

おいしいタイ料理レストラン【Phase】のご予約は、こちらから。