ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。フライトエピソードを始め、ワインや宝塚、愛犬などについて書いています。

壁ドン、顎クイ、小手ポン(前記事『わが青春のなぎなた』からの続き)

壁ドン、顎クイ、小手ポン

 

1F9785EF-489D-4429-84B1-0C1C851F4F13.jpeg

 

壁ドン、顎クイ。

 

少女漫画に出てくる男子が、女子に対して行う「萌え」を誘発するしぐさだ。

 

わたしはいずれも経験したことがないが、似たような思いならしたことがある。

 

「小手ポン」

 

わたしはそのときめきを、こう名づけている。

 

引き分け上手

 

次鋒としての人生が始まったはいいが、その後、試合で勝ったことはいちどもない。

 

いつしか相手に点を取られないように、逃げて時間稼ぎをするだけの人間になっていた。

 

しかし、それでもいいと思っていた。

 

自分なりに、精いっぱい頑張っているんだもの。

 

下手に黒星をつけて仲間に迷惑をかけるよりは、上手に逃げ通したほうがいい。

 

剣道 VS なぎなた

 

そんな日々のなか、なぎなた部と剣道部の異種試合をするという話が持ちあがった。

 

「剣道となぎなた?」

 

ハア? 

そもそも使っている剣が違うし、間合いだって違う。

あちらさんには、スネとかいう部位もないし。 

いったい、どうやって戦うというのだ???

 

はてなマークいっぱいのわたしに、対戦相手が告げられた。

 

剣道部屈指の強さを誇る、同じクラスのU君!

 

ちょっと待って、ねえねえ。

剣道部と試合するのはいいけど、せめて実力別にしようよー…

 

でも、これは両クラブの親睦を深めるお祭り。 

勝ち負けは関係ないからと、あっけなくスルーされてしまう。

 

かくして、なぎなた部最弱女子と剣道部最高峰男子との対戦が決定した。

 

絶対に負けるしかない戦い

 

そして迎えた対戦当日。

 

緊張した面持ちで面タオルをつける。 

道場のあちら側には、強そうな面々がズラリとあぐらをかいている。

 

こわ…い…

 

せめて女子部員と当たりたかった。

でも、女子もみーんな強そうだ。

 

ここはもう、腹をくくるしかない。

 

ビバ!フェスタ!

 

賽は投げられた。

 

(もうどうにでもなれ!)

 

試合開始

 

「はじめッ!」

 

道場に轟く合図とともに、U君は凄まじい勢いで踏みこんでくる。 

独特な「キョエエエエエー」という雄叫びに、しょっぱなからビビって後ずさる。

 

気がつくと、面と面とが「ガツン!」と鈍い音を立ててぶつかっていた。

いつも教室で見る彼とは、違うまなざしがそこにあった。

 

なぎなたは1本が2メートル以上あるため、いつも2×2=4メートルの間合いで戦っている。 

なのにこんな近くまで来られたら、技を決めることができないではないか。

 

(そうでなくても決められないけどな!)

 

そんなことを考えている間にも、U君はますます強い力で剣を使って攻めてくる。

 

レフリー!ブレイク!

 

引き分け上手を自負するわたしだったが、U君の手にかかっては逃げることすら許されない。

絡み合う剣と剣。 

これじゃあまるで、ワナにかかったウサギだ。

 

(お願いよ、どうか、ブレイクと言ってちょうだい…)

 

しかし、これはボクシングではない。

 

「もう限界!」と思ったが先か、彼はちょっとわたしの体を押し、その反動でわたしから離れた。 

かと思うと、またまっすぐに踏みこんでくる。

刹那、美しい弧を描いた竹刀が、わたしの脳天へと降ろされた。

 

「メエエエエエーン」(いったぁ〜い!泣)

 

「面ありッ!」

 

試合しゅーりょー

 

いつもは逃げるが勝ちのわたしも、剣道部エースの前では逃げきることができなかった。 

まだ息の整わないうちに、向こうから彼がやってきた。

くぐもった声で「ごめんな」と言いながら、わたしの頭を

小手でポンポンと叩いた。

 

(惚れてまうやろーーー!)

 

小手ポンでわたしの心を揺らしたU君。

いまごろ、どうしているのかな。

 

高校を卒業して以来会っていないから、いっしょにお酒を飲んだこともないね。

つぎに会えたときには、盃ではなく、また剣を交わそうね!

 

 

📕 わたしが、なぎなた部に入ったいきさつはこちら 

ciel114.hatenablog.com

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。