ミセスCAのオン&オフ日誌

🛫 空、タカラヅカ、英語、ときどきジュエリー 💍

大阪 動の笑いと静の笑い【面白い電車広告】

大阪 静の笑いと動の笑い【面白い電車広告】

 

笑いのテーマパーク、大阪。

 

街中に貼られた広告も、いちいちおもしろい。

 

インパクト勝負のものが多いなか、わたしが好きなのは、一見ふつうに見えて、しれっとウケを狙っているもの。

 

笑いもワインと同じで、あとからジワジワくるもののほうが秀逸なのだ(知らんけどな)

 

電車のつり革広告に見る大阪魂

 

大阪の広告はシュールだ。

 

たとえば、とある電車のつり革広告。

 

下の写真を、よーくご覧いただきたい。

 

20171112135730154.jpg

 

動物園の人気者、カンガルーさんが横になってくつろいでいる。 

 

その傍らには、「ぼちぼち夜や…起きよか」 

 

動物の夜行性を、大阪弁のキャッチコピーに置き換えるあたり。

すごくよく考えられている。

 

またこのゆるさの中に、たしかなメッセージ性を取りこむ巧みさといったら。

夜の動物園に行きたくなってしまう。

 

ぼちぼち…

ぼちぼち…

 

カンガルーが「ぼちぼち」て。

 

この「しれっと感」がたまらない。

 

無責任にオモロいことをかましておきながら、素知らぬフリをしている。 

 

わたしも、そんな笑いを発信できる人間になりたい。

 

動の笑いと静の笑いとは

 

大阪といえば、大げさに騒ぎ立てて笑いをとるイメージが強いかもしれない。

 

だが大阪人は、笑いというものがそれほど単純ではないことを、生まれながらに知っている。

 

いかにもわかりやすい「動の笑い」

静かにあとをひく「静の笑い」

 

大阪で生まれた女やさかい。

 

大阪には、このふたつが等しく存在しているということを、ひきつづきお伝えしていきたい。

 

▶︎駅のポスターも、ジワジワくるで。

www.ciel114.com

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。


人気ブログランキング