ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

世界に誇る和のチョコレート【八芳園/季季(キキ)】のボンボンショコラ

世界に誇る和のチョコレート【八芳園/季季(キキ)】のボンボンショコラ

 

f:id:ciel114:20200208232234j:plain

 

日本橋高島屋のバレンタインフェア「アムール・デュ・ショコラ」に行ってきた。

毎年、国内外で高い評価を得ているチョコレート専門店が、誇らしげに軒を連ねる。

選ぶ側も、真剣そのもの。

新しいショップのチョコに挑戦するか、はたまた老舗の定番でいくか。

甘い香りに包まれながら、頭を悩ませる。

お気に入りのメーカーを発掘する作業は、悩ましくも幸せなイベントだ。

今年わたしが選んだのは、八芳園プロデュースの「季季(きき)」

人気ショコラティエの野口和男さんが、八芳園のためだけに作りあげたオリジナル商品だという。

格調高い美しさ、選び抜かれた素材でできた贅沢な味わいは、接待の手土産や結婚式の引き出物のお菓子などに持ってこいとの評判だ。

 

会場入り口近くのカウンターで、ふいに差し出されたお味見用のチョコ。

初めて目にするスイーツブランドだったけど。

ひとくちいただいて、その美味しさに衝撃を受けた。

売れ筋商品をいくつか試食してみたが、柚子フレーバーがたまらなくおいしくて。

いろいろなお店をまわったあと、結局戻ってきてしまった。

一度食べたら、二度と忘れられないお味。

上品で香り高く、とろけるような口当たり。

優しい食感なのに、あとからジワジワ焦がれるような気持ちになる。

これでは、まるで恋ではないか。

 

f:id:ciel114:20200208234446j:plain

 

シルバーにゴールドを効かせたパッケージは、シンプルだがスタイリッシュでセンスがいい。

和風でありながら、モダンで宇宙的でもある。

味もさながらルックスも一筋縄ではいかない、奥の深さが特徴的だ。

伝統にしがみついているわけでも、最先端を追求しているわけでもない。

この不思議なバランス感覚は、どこから来るのだろうか。

肩の力が抜けた、洒脱な美しさ。

唯一無二。繊細かつ大胆。

そんな言葉が、とてもよく似合う。

これじゃあまるで、宝塚歌劇団宙組の芹香斗亜さんではないか。

しかも名前も「キキ」(芹香さんの愛称)ときてる。

これはもう、お持ち帰りしないと!(語弊!)

 

バレンタインデーにおすすめ 日本の四季をイメージしたチョコ【春夏秋冬kiki】

 

f:id:ciel114:20200208234902j:plain

 

左から、柚子、苺、桜。

厳選された上質の素材のみを使った、高級感あふれる味わい。

一粒一粒が、本当にていねいに作られているのがわかる。

淡い初恋を思わせる、甘酸っぱい柚子。

つぶつぶの食感までもが美味しい苺。

ふんわり舞う雅な花びらを連想する桜。

ホワイトもミルクも、どちらもたまらなくおいしい。

 

 

ぜいたくで豊かな時間が、やわらかに流れていくのを感じる。

高価なチョコレートを、さんざん召し上がってきた方にも。

チョコには、あまり詳しくないひとにも。 

いつもがんばっているご自分へのご褒美にも、大切なかたへの贈り物にも。

ちょっと気の利いたさりげないギフトとしても、おすすめです。

 

🍊🍓🌸8個入りはこちら

 

www.ciel114.com

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


客室乗務員ランキング