ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

コペンハーゲン発 スモーガスボードのおいしいレストラン【クロンボー】

レストラン【KRONBORG】

f:id:ciel114:20190215124245j:image

コペンハーゲンの目抜き通り、ストロイエの中心。

デンマークを代表するブランド、ロイヤルコペンハーゲンやジョージジェンセンの本店が建ち並ぶ、華やかな広場。

そこからほど近い場所に、この小さなレストランはある。


f:id:ciel114:20190215124241j:image

木とレンガを使った、温かみのある店内。

こじんまりとしているが、とてもコージーな空間だ。

平日の午後。

それも中途半端な時間だというのに、地元客でいっぱいなのには驚いた。

 

伝統料理【スモーガスボード】

こちらの名物は、代表的な北欧料理

smörgåsbord(オープンサンドウィッチ)

f:id:ciel114:20190215133154j:plain

ほんとうに、ほんとうに、ほんとうにおいしい!

いままでのスモーガスボードに対する概念が、ひとくちで変わってしまったほど。

 

わたしたちは、ミートボールやハンバーガーといったお肉系をオーダー。

ジューシーで味わい深いハンバーグは、心からオススメできる逸品。

でも、小海老やサーモンなどのお魚類も、きっときっとおいしいはず。

 

ロイヤルコペンハーゲン

お皿には、すべてロイヤルコペンハーゲンが使用されている。

伝統的なお料理を、伝統的なメーカーの食器でいただく。

なんてすばらしい異文化体験なのだろう。

 

エアラインクルーもおすすめ

このすてきな穴場を教えてくれたのは、同僚のハーン。

人気のお料理サイトを運営する彼が太鼓判を押すのだから、まちがいないと思ったら。

まちがっていたのは、わたし。

こんなにおいしいスモーガスボードが食べられるなら、もっと早くに来れば良かった。

 

アクアビット

スモーガスボードといっしょに、アクアビットをいただくのがツウだと言われた。

実際に周りを見渡すと、どのテーブルにもアクアビットのグラスが置かれている。

アクアビットは、じゃがいもを主原料とした、アルコール度数40度を超える蒸留酒である。

そんなん飲んだら、翌日乗務できなくなってしまう…

なので、つぎにプライベートで来たときまでお預けだ。

 

営業時間

月曜日から日曜日

11時〜17時

(公式ホームページより)

 

ご旅行やご出張でコペンハーゲンにお越しのさいには、ぜひ足をお運びください。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

「読んだよ〜」のかわりに、ポチッと応援いただけると励みになります🍽

👇


人気ブログランキング