ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

落ちこんだ時に聴いてほしい宝塚の名曲【ミーアンドマイガール】

ME AND MY GIRL

f:id:ciel114:20181116130058j:plain

 

今日も一日、おつかれさまでした

 

お仕事はいかがでしたか?

商談がうまくいった?

ノルマが達成できた?

お客さまに喜んでもらえた?

 

長期連休明けの、週のど真ん中。

かなりきつい思いをされた方が多いのではないでしょうか。

主婦の方々は、お弁当の再開、お子さんの送迎、いまも後片付けなどで忙しい時間を過ごしておいででしょう。

 

 

サリーに学ぶ、つらい気持ちの乗り越え方

 

毎日いろいろとたいへんで、ホント泣きたくなるときもありますよね。

でも、人はみな等しく死に向かっていて、限りある時間を生きています。

同じ人生を生きるなら、明るく、そしてしたたかに生きたい…

そんな思いを、ミュージカルME AND MY GIRLのサリーが代弁してくれます。

 

「生きてれば どんな目にあおうとも あごで受けとめて ニヤリと笑おう」

 

つらいときには、この歌を口ずさみます。

すると、少しだけ心が軽くなります。

みなさんにも、そんな心の歌がありますか?

 

ちなみに上の写真は、わたしがその愛ゆえに殉教した元月組トップスター、瀬奈じゅん氏演ずるビルと、彩乃かなみさん演ずる恋人サリーです。

 

 

顎で受けなさい

 

ミーアンドマイガールは、ストーリーも歌も明るい調子で描かれてはいますが、ときおり死生観めいたものが見え隠れすると感じるのはわたしだけでしょうか。

つらい目にあっても、そう簡単に死ぬことはできない。

だったら腹をくくって、この世でなんとかしなけりゃならない。

 

英語には「あごをあげる=顔をあげてがんばる」という慣用句がありますが、日本語ではどちらかというと「腹をくくる」のほうがニュアンス的に近いのではないかしらん。

 

「ガタガタしたって、最後はどうせ死ぬんだから、覚悟を決めて生き抜こう」

 

というメッセージ。

スマイルとまではいかなくても、腹さえすわれば、生きていける。

 

でも、この歌が「腹をくくって」とか「腹をすえて」っていう邦題だったら、ちょっと笑っちゃいますよね!

 

 

だれもがハッピーになれる、ブルーレイという観る魔法。

あなたもぜひ。

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援してくださると嬉しいです👇