ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

日比谷とタカラヅカとわたし

f:id:ciel114:20180501020507j:plain

東京宝塚劇場に行ってきた

 

ひさしぶりの聖地巡礼で驚いたのが、静かだった日比谷駅界隈がすっかり様変わりしていたこと。

 

人々のお目当ては、日比谷ミッドタウン

 

三月末にオープンした新しい商業施設。

ゴールデンウィークということもあって、エレベーターは二十分待ち。

エスカレーターに乗るためには、ヘビのようにトグロを巻いた人々の流れに身を連ね、ぐるぐると何周も回らなくてはならない。

 

人の波を見ていると、水族館で回遊魚を眺めているような気分になった。

「われもまた、一匹の回遊魚とならん!」

と勢いに任せて流れに飛び込み、二階まで上がったはいいが、マスゲームのような人の動きに目がチカチカして、すぐにミッドタウンを後にした。

 

あの周辺はもともと、宝塚を含む舞台芸術のメッカ。

観劇前は胸を踊らせ、観劇後は余韻とともにそぞろ歩く場所。

なんだか、ナワバリを荒らされた動物の気持ちが分かったような気がした。

 

タカラヅカについて少し語ろう

 

言わずと知れた、世界にもまれに見る女性だけで構成された歌劇団である。

トップスターの魅力ばかりが取り沙汰される傾向にあるが、舞台はそれを取り巻くすべての要素がひとつになったとき、はじめて芸術として成立すると考えている。

音楽、舞踊、お芝居、絵画に建築、文学、そしてテクノロジー。

いろんな分野から結集された技術や才能が相まって、演劇やパフォーマンスは生まれる。

そういった意味で、宝塚歌劇を総合芸術だと捉えているわたしは、組や演目に関わらず、機会さえあればいつでも観たいと思っている。

 

珠城りょう率いる月組公演【カンパニー】【BADDY】もすばらしかった。

トップスターは当然、二番手も三番手も、端っこにいる子だって、みんな本当にキラキラと輝いている。

舞台芸術の醍醐味は、表に出る人だけでなく、ひとつの舞台が完成するまでに、たくさんの人の手がかけられるところにある。

 

このように、タカラヅカを俯瞰で見ているわたしにも、かつては身を焦がすほど盲目的な愛を捧げた男、もとい、男役がいる。

しかも、ふたり。

 

愛した男(役)たちを思い出にかえて

 

はじめて好きになった男、もとい、男役の名は「和央ようか」

浮世離れしたルックス、現代的でクールな佇まい。

大人の包容力にあふれた演技は、多くのファンを熱狂させた。

彼、もとい、彼女(しつこいって?w)が退団すると決まったときは、この世の終わりかというくらいショックだった。

あまりの落胆ぶりに、当時保育園に通っていた息子からも慰められたほどだ。

「お母さん、元気出しなよ。また新しく好きな人できるって」

 

彼の言った通り、頰を伝う涙も乾かぬまま、わたしは再び恋に落ちた。

その男(役)の名は「瀬奈じゅん」

明るく情熱的な雰囲気の中に、独特のセクシーな翳りがあって、和央さんとはまた違った魅力があった。

恋も二度目なら〜すこしは上手に〜愛のメッセージ伝えたい〜とばかりに、客席からビームを送る日々。

瀬奈さんが男役として円熟期を迎えたころ、【グレートギャツビー】を演るという話が舞い込んだ。

まさか自分が書いた卒業論文のテーマを、大好きな役者さんが演じてくれるなんて!←いちおう英文科

勝手に運命を感じたわたしは、この公演に何度も足を運ぶことになった。

 

今日は調子良さそう。

あ、いま声裏返った。

ちょっと疲れてる?

 

そんなことまでわかってしまうくらい、ヅカファンというのはご贔屓に入れあげるものなのだ(同志のみなさんは、ここで激しく頷いておられるはず)

 

瀬奈さんが辞めてからは、喪に服すようにちんまりと過ごしていたが、徐々に前向きになり、また観劇を楽しむようになった。

 

しかしその後、宝塚歌劇百周年のあおりを受け、チケット難が続いている。

ことしは名作中の名作【エリザベート】の上演も予定されていることから、さらなるチケット戦国時代が予想される。

 

とりあえず、つぎは宙組と星組のチケットを確保してある。 

くわしい観劇レポートについては、またおいおい。←いらんて?(笑)

 

宙組発足二十周年記念イベントの乱については、こちらをどうぞ。

www.ciel114.com

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

ポチッと押して、投票して頂けると嬉しいです🙇‍♀️


人気ブログランキング