ミセスCAのオン&オフ日誌

🛫 空、タカラヅカ、英語、ときどきジュエリー 💍

外国人エアラインクルーに人気の日本土産ランキング【ベスト3】

外国人エアラインクルーに人気の日本土産ランキング【ベスト3】

 

わたしは某ヨーロッパ系航空会社の日本人CAだが、今回は本国のクルーに人気の日本土産についてお話しようと思う。 

 

 

f:id:ciel114:20210709003817j:plain

 

一位:チルドか冷凍のぎょうざ

 

 

もはやブームを通り越して、日本みやげの定番となりつつある「餃子」

 

それも出来合いではなく、チルドか冷凍のものである。 

 

長いフライトの最初に、彼らがすること。

それは、買ってきた餃子を冷えたカートの中にしまうこと。

 

ときにクルーミールのカートが、餃子でいっぱいになってしまうこともある😓

 

すでに何度も買って調理したことのあるクルーがほとんどだが、はじめて東京便に乗務する者がいると、かならずと言っていいほど焼き方を聞かれる。 

 

ギャレー(お台所のこと)では、仕事の合間にみんな好き勝手なことを喋っているクルーたち。

 

だけどわたしが餃子の焼き方について説明しはじめると、どこからともなく集まってきて、真剣に耳を傾ける。

 

「新たなヒントが得られるかもしれない」

 

その眼差しは、学びに夢中な子供のようだ。 

 

餃子のパッケージには英語表記がないため、入れる水の量やタイミングなどをレクチャーしてやると、たいそう喜ばれる。 

 

餃子本体だけでなく、タレにも首ったけだ。

 

「ソイソース(醤油)とビネガー(酢)に、ちょっとラーオイル(ラー油)を加えてね」

 

と言うと、それだけでも「ヤミー!」を連発している。 

 

f:id:ciel114:20210531162738j:plain

 

わが航空会社は、上海や北京などにも乗り入れている。

 

そちらの路線にも乗務する彼らの情報によると、中国方面には日本と同じタイプの焼き餃子は存在しないらしい。

 

たしかに、水餃子しか見たことがないかも。

飲茶の餃子だって、蒸してあるもんね。

 

f:id:ciel114:20210531173040j:plain
(イメージ)

 

外国人のお客様への、おもてなし料理にお悩みのみなさーん!

焼きギョーザをお出ししておけば、何とかなりますよー!

 

手作りや、いっしょに作ることができると言うことなしだけど。

チルドでも、冷凍食品でも、喜んでいただけること間違いなし🙆‍♀️

 

F496B198-B4D9-4344-9514-85B30F5434A6.jpeg  

 

いずれの場合でも、ホットプレートを使ったアットホームな餃子パーティーは、外国のお客さまの心に残るのでオススメです。

 

 

 

二位:サラダ用の胡麻ドレッシング

 

みんな大好きセサミ(ごま)ドレッシング。

それも醤油ベースのクリアなほうではなくて、乳化タイプだ。

 

二者をきっちりと差別化するため、「クリーミーゴマ」と呼ばれている。

 

しかしクリーミーゴマは意外とカロリーが高いので、それを知ったヘルシー志向のクルーたちは、別のものにシフトしつつある。

 

それでもなお。

クリーミーゴマの人気を超えるドレッシングは、いまだ現れていない。

 

 

 

三位:ドラッグストアで買える医薬品やプチプラコスメ

 

ちょっと前までは、もの珍しさからか「使い捨てカイロ」が人気だったが、最近のヒットは「サロンパス」だ。

 

貼るだけで痛みが和らぐ、魔法のプラスターだと評判を呼んでいる。

いろんなメーカーのものを試していて、日本人より詳しい人もいる。

 

変わりダネでは、「蒸気でアイマスク」なども根強い支持を集めている。

 

モジュール(クルーの休憩所のこと)で、あのマスクをつけてくつろぐ姿をしばしば見かける。

目元に当てるだけで手軽にリラックスできるのが、売れている理由だろう。

 

 

 

日本には、安くて質が良くてワクワクする品物がたくさんあるそうだ。

 

「人々は優しいし、食べ物はおいしいし、街はキレイで最高!」

 

と言われるたび、 この国に生まれて良かったと心から思う。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩

  


人気ブログランキング