ミセスCAのオン&オフ日誌

CA主婦・Vikiのブログ。Welcome on board!

アンプリチュード 2021年 クリスマスコフレ【限定アイシャドウパレット】

アンプリチュード 2021年 クリスマスコフレ【限定アイシャドウパレット】

 

f:id:ciel114:20211111133942j:image

 

Amplitude 2021年のホリデーコレクション、アイカラーパレットを買った。

 

結論から先に言うと、買って本当によかった!!!!!

 

美容家・神崎恵さんのインスタライブで見て、なんて可愛いんだろう❣️

…とは、思っていたけど。

 

ご覧のとおりの、派手めな色展開。

アイカラーにしては鮮やかすぎるレッド。

ブルベには難しそうなイエロー&ゴールド。

 

パーソナルカラーがサマーのわたし。

ブルーとグレー(シルバー)くらいしか、使い方が浮かばない。

 

『使いやすさを考えると、やっぱりルナソルかな』

 

わたしは新作のアイカラーレーションを予約しようと、日本橋高島屋の店舗へと向かった。

 

【ルナソル VS アンプリチュード】デパコスカウンターにて比較

 

ルナソル 2021年 ホリデーシーズンのテーマは【菓子職人】

チョコレートにも惹かれるけど、わたしは断然スミレ色のアメちゃん派!

 

www.kanebo-cosmetics.jp

 

 

菓子職人?パティシエ? ⇨ 真風さん

ボンボンバイオレット?バイオレットの飴? ⇨ デリシュー

 

宝塚歌劇団・宙組ファンのわたしとしては、これを見過ごす手はなかった。

 

『見過ごす手はない〜ゆけ、ルナソルへ〜』

 

EX18のサンプルを見せてもらったら、ほんとにスイーツみたいで可愛い💕

どちらかといえば控えめで、上品な色ばかりが並んでいる。

これならわたしにも、簡単に塗れそうだわ♪

 

しかし、大人気商品につき、予約も終了しているとのこと💨

 

『仕方ない、販売初日に並ぶか』

 

と、エスカレーターに向かったところ。

アンプリチュードのアイカラーパレットが目に飛び込んできた!

 

 

きゃ〜、キラキラしてて素敵✨

でも難易度高そー!

 

おずおずと眺めていると、若くて美人の店員さんが出てきた。

マスク着用なのにもかかわらず、顔全体から最先端のオーラが漂っている!

 

「つけてみられますか?」

 

わたしは、このセリフに弱い。

試して後悔するより、試さずに後悔するほうがイヤな性分。

好奇心も旺盛なので、新しいものにはどんどんチャレンジしたい。

気づくと、ケープをつけて、カウンターに座っていた(結局いつものパターン🤣)

 

そこからはもう、魔法の世界。

わたしの持っていた、全思い込みが覆された。

 

思い込み ①:捨て色が多そう?

 

まずは色味。

完全にイエベ向きかと思われたのが、混ぜて使うととア〜ラ不思議。

ブルベにもしっくりくるカラーに早変わり。

 

いちばん左側のクリームベース2色に、真ん中のグリッター4色や、右側2色のパールを自由にプラス。

それだけでいく通りものバリエーションが生まれ、どんな表情にもなれる。

 

初めて見たときは、ほぼ捨て色かと思われた(失礼)が、大間違いだった。

使ってみた今、捨て色は、一色たりともないと言える。

 

思い込み  ② :塗り方が難しそう?

 

このパレットには、ルールがない。

わたしは、幼いころを思い出した。

いろんな絵の具を混ぜて色の変化を楽しんだ、無邪気なあのころ。

 

赤と青の絵の具を混ぜると紫になる。

青色と黄色を混ぜると緑色になる。

 

このパレットには、パープルやグリーンが入っていない。

だけどミックスすると、無限に色が作れる。

ニュアンスみのあるラベンダーも、オレンジも黄緑も、お好みしだいなの♪

 

思い込み ②: 締め色がないとぼんやりした印象になりそう?

 

奇抜に思える色展開のほか、いわゆる「締め色」がないことにも抵抗を感じた。

われわれ昭和の女は、目のキワあるいは目尻を、濃いめのアイカラーで締めるのがお決まり。

 

だが時は令和。

平成をも飛び越え、メイクも時代も、あの頃とはまったく違うのだ。

グラデーションを作り込みすぎると、今っぽくないんだそう。

あえてハッキリした締め色を使わないのがトレンドなんですって。

 

コスメにもメイクにも賞味期限あり

 

秋冬になると毎年、どのブランドのクリスマスコフレを買うか悩んでいたわたし。

それが2020年。

コロナ禍の影響で、人に会う機会がグッと減ったため、メイクをしなくなった。

あれだけたくさん持っていたチークもリップもマスカラも、期限切れを迎えるいっぽう。

 

化粧品の使用期限は、意外と短い。

開封後は、半年から一年の間に使い切るのが望ましいとされている。

 

古い化粧品を使うと、肌荒れや色素沈着、ひいてはアレルギーやかぶれの原因となるそう。

キレイになりたいのに肌トラブルに見舞われるなんて、悲劇でしかない。

わたしは、美の亡骸と化した大切なコスメたちを、泣く泣く処分した。

 

だけど、再び新しい出会いに恵まれた。

人は何度でも、コスメに恋することができる。

 

アンプリチュードなら、いちばん旬の顔になれる

 

コロナも二年目なら少しは上手にアイシャドウたちを使いたい。

(『セカンドラブ』のメロディでどうぞ)

 

マスク生活になって、口元を晒す機会は減ったが、目元だけは見えている。

逆にいうと、目元だけで勝負しないといけない。

アンプリチュードのアイカラーレーションは、その重責をみごとに果たしてくれる。

 

「目は口ほどに物を言う」

というが、今ほどそれを実感する時代は、かつて無かったのではないだろうか。

 

気分とか、個性とか、知性とか、優雅さ、ひいては思いやりまで。

その人の持つ表情のすべてを、目元に集中して反映させなければならない。

 

わたしは、少女のころを思い出す。

自分の瞼を小さなキャンバスになぞらえて。

好きな色、好きなタッチで、自由に色をのせる。

 

見た目より落ち着いた発色、うっとりするようなツヤ感。

絵を描くのが、昔より上手になった錯覚に陥る。

 

アンプリチュードのアイカラーに塗り方の決まりはない。

だけどかならず、その日にふさわしいような顔に仕上がる。

 

涙、笑い、悲しみ、苦しみ。

いろんな経験を重ねてきた、大人の目元にこそぴったりだと思う。

 

「朝が楽しみになりますよ」

 

お店の人に言われたとおり。

鏡の中のわたしは、心からメイクを楽しんでいる。

 

f:id:ciel114:20211121002941j:plain

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。

 


日々の出来事ランキング