ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

ワインにまつわるエトセトラ

わたしはソムリエである。

 

機内にはスペースの関係上、限られたワインしか置いていないので、仕事でディープな知識を披露する機会はほとんどない。

 

ママ会や女子会でワインを選んで喜ばれるほか、飲むリエとして己の人生を楽しんでいるだけなのが現状だ。

 

一応せっかくの有資格者なのに、これではもったいない。

 

ということで、ブログという場所を通じて、空飛ぶノムリエ…もといソムリエが、皆様の生活を美味しくするワインをご紹介していきたい。

 

6AE470A6-F6AE-4A26-9DF3-A11A611A1CAC.jpeg

 

わたしがソムリエ試験に合格したのは2003年のこと。

 

当時は40%ほどの合格率だったのが、いまでは20%台まで落ちたという。

 

年々厳しくなっているようなので、ソムリエを目指している方は、早めに受験されることをお勧めする。

 

現在の呼称資格制度では、基本年数以上、アルコール類を提供するサービス業や関連業務に従事する者に「ソムリエ」、それ以外には「ワインエキスパート」という資格が与えられる。

 

筆記試験は両者ともほぼ同じで、テイスティングも課される。

 

二者の試験内容の違いは、ズバリ

 

『抜栓』

 

ワインのコルクを抜き、デキャンタージュしてお客様の前にお出しするまでがテストされる。

 

ここで使用するデキャンタは、ハクション大魔王の壺のような形状をしている。

 

眠っていたワインを起こすという点において、大魔王が出てくるプロセスに酷似している←どうでもいい情報

 

さてこの実技試験であるが、勤務先の制服着用で行われるため、試験会場は非常に面白いことになっている。

 

なんといってもエアラインの制服。

 

世界各国の航空会社の制服が一堂に会する、めったとない機会。

 

わが社の地味っぷり、もといシンプルさが際立つ瞬間であった。

 

ほかには、割烹や料亭にお勤めの方であろうか、白い帽子を被った板前スタイル、バーテンダーと思われる蝶ネクタイの黒服や、カフェエプロンを着けたギャルソンなどなど。

 

「飲食店の制服祭りや〜!」

と叫びたいほどすごい光景だったが、実際は緊張してそんな余裕はなかった。

 

あれから十数年。

 

わたしの手元にはぶどうの形をした金のバッヂがあるが、あまりの怠けぶりに輝きを失いかけていた。

 

自身のブラッシュアップも兼ねて、本日よりワインというカテゴリを増設したいと思う。

 

忘れかけていることもたくさんあるかと思いますが、ぼちぼち更新していきたいと思います。

 

ご興味のある方はぜひ、美味しい時間をご一緒しましょう!

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援お願いします。

 


人気ブログランキング