ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

Bizouxのカイヤナイトリング【オディット】汚れなき青の宝石

裏表のない、ストレートで明晰な石

 

すごく気になる石がある。

それは深い青色をしていて、見るものをジワジワと惹きつける。

サファイアほど高潔ではなく、ラピスラズリほど神秘性はない。

カイヤナイトという石は、ありのままなのだ。

清純で可憐。無垢でピュア。

無理に自分を飾り立てたり、必要以上によく見せようとはしない。

この石によく似たひとを知っている。

 

 

カイヤナイトの語源

 

宝石の名前の最後に「ite」とついているのをよく見かける。

これは「石」を意味する接尾語。

カイヤナイトはギリシャ語で「青」を意味する「カヤノス」が語源だとされている。

「青い石」

なんだか名前まで、いさぎよいくらいにまっすぐだ。

 

 

カイヤナイトという響き

 

語源や意味を理解していても、その名の響きが、わたしにはどうしても関西弁に聞こえてしまう。

『カイやないと(アカン)』

とか、

『(やっぱり)カイやないと』

とか。

カイじゃなきゃダメ、カイ命、みたいな、偏愛のイメージ。

ちなみに、この石にそっくりなひとのあだ名は「カイ」

人気者の彼女。

すごく偶然だけれど、必然も感じる。

  

 

宝石としてのカイヤナイト

 

シンプルでスタイリッシュなこの石には、ツヤ消しのマットなゴールドがよく似合う。

f:id:ciel114:20181202165633j:plain

18 ゴールドリング ODETTE オディット

お揃いのペンダントといっしょにつければ、なお素敵。

まじりけのない、ポジティブな輝きをまといたい。

ありのままの自分に自信を持ちたい。

そんなあなたに、とてもおすすめです。

 

こちらで買えます💙

自由が丘、銀座のジュエリーブランド【Bizoux(ビズー)】

 

 

ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、応援クリックお願いします。

 


客室乗務員ランキング