ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

宝塚歌劇団 宙組 真風涼帆氏に捧げるオマージュ


宙組公演『天(そら)は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』初日舞台映像(ロング)

「毒を食らわば皿まで」ということわざがあるけれど、何かにのめり込んだらトコトン追求するのがわたしの性みたい。

いつもお越しいただく皆様のなかには、「最近びきさんアホすぎてついて行かれへん」と呆れている方もいらっしゃると思う。

でも、もう引き返せないところまで来てしまったんです。

 

過去記事にも記しましたとおり、わたしは筋金入りの宝塚ファンで、いままでに二人の男(役)と殉教した過去を持っています。

だれかに入れ上げると日常生活に支障をきたすので、特定のご贔屓を作らないよう自制心をもって、ここ数年「the 俯瞰」の姿勢を貫いてきました。

 

でももうダメ。

拙ブログに頻出する宙組の真風涼帆氏に、完全におちてしまったのです。

 

どんな殿方かって?

上の動画を観てください。

センターで、比類なき輝きを放っているのがその人です。

 

宝塚には、五色の沼があると言われています。

花組がピンク、月組が黄色、雪組が緑、星組が青、そして宙組が紫。

かつて二度ほど沼に引きずり込まれたわたしは、その怖さを知っています。

だから、ずっと気づかないふりをしていた。

彼(女)を愛しはじめていることを。

ひとりの人間が不可欠になればなるほど、それを失った時とりかえしがつかなくなる。

危険だとわかっている。

f:id:ciel114:20180630192728p:plain

(「天は赤い河のほとり」十巻より)

原作漫画オトナ買いに引き続き、ブルーレイもポチりました。

f:id:ciel114:20180630170813j:plain

二次元のカイル皇子と、三次元の真風涼帆がイリュージョンのように重なる。

もはやどこからが虚構で、どこからが現実かわからない。

 

彼(女)を愛しはじめたことを息子に打ち明けたら、

「キモ!」と言われました。

かつてのご贔屓が退団して嘆くわたしに、「お母さん、元気だして。また好きな人できるよ。」と慰めてくれた、優しい息子はもういない。

 

でも。

キモかろうが何かろうが、私は進む。あなたの元へ。

(主題歌「未来への旅路」より)

 

クールで都会的なルックス。

176センチという高身長。

コスチュームに負けない堂々たる風格。

歌ってよし、踊ってよし、お芝居よし。

三拍子揃った新世代スター。

真ん中に立つために生まれてきたひと。

それが真風涼帆。

 

ブルーレイを買いあぐねている方には、全力でおすすめしたい。

いますぐ、紫色の沼に飛び込まれんことを。

 

 

応援クリックいただけると励みになります❣️


人気ブログランキング