ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

日本人乗務員の役割、そして醍醐味

f:id:ciel114:20180524184933j:plain 

夏が来る〜♪

きっと夏が来る〜♪

今年も始まった、観光シーズン。

平素はビジネス客がほとんどだが、ヨーロッパがいい季節になると観光客の割合が増える。

ビジネスマンは英語が話せるし、乗ってから降りるまでの大まかな流れを理解されているので、わたしの役割はほかの外国人クルーとさほど変わらない。

しかし日本人観光客は、わたしひとりを頼りにしている方も多いので、あっちの通路こっちの通路と、パックマンみたいに移動することになる。

パックマンはクッキーを食べてパワーアップするが、わたしたち日本人乗務員は食われっぱなしで、命がいくつあっても足りないくらいだ。

それでも最近じゃ、トラブルが起きても「オレに任せとけ!」と風を切って立ち向かう(男前!)

スキルが身についたのか、はたまた図太くなったのか←両方じゃろな

 

先日のフライトでのエピソードをひとつ。

わが社では離着陸のさい、すべての手荷物を上の物入れか前の座席の下に収納していただくことになっている。

膝の上や足元に置いておきたがる人もいるが、緊急脱出の妨げになるという理由で、それこそ「身ぐるみ剥がす」勢いで、乗客からすべての障害物を取り除かなくてはならない。

日本の航空会社では、膝の上に抱えていてもいいケースが多いので、なかには難色を示される方も。

だが郷に入っては郷に従えで、ご利用いただくからにはこちらの決まりを守ってもらわないといけない。

わたしは日本人なので、少々厳しすぎると思いつつ、会社のルールに従って業務にあたっている。

そして今年も始まった。

荷物を離したくない観光客🆚片づけたい乗務員の、仁義なき戦い!

(ここで「あの」音楽😄)

英語でペラペラ言われてカバンを取り上げられたら、たしかに「不信感」ですよね。

ご年配の方ならなおさらのこと。

いくら自分の頭上の物入れでも、なんで?って思われる方がいて当然だと思う。

そのために日本語アナウンスを入れるのだが、聞いていない人の多いこと多いこと😭

それで、「安全上の理由により」という文言を、おひとりおひとりに説明して分かってもらう。

でないと飛行機を出すことができない!

先日も、荷物を上げさせてくれないお客様がいるから来てと、クルーに救援を頼まれた。

わたしが行って事情を説明しても、かたくなに拒否される。

さいわいビジネスクラスなので前の座席下が広く、収納スペースとしても使用可能なため、その奥にお納めいただくようご提案した。

すると、しばらく拒絶反応を示されていたお客様が、

「そのバッグには一億円が入っているからダメなんだ」

とおっしゃった。

イチオク…エン?

口角ひとつ上げないで、イチオクエン…

日本人男性は表情に乏しいので、真意を測りかねることがある。

しばらく乗務員を困らせていたので、まわりの目が気になられたのか、お客様はわたしに「あんたがやっといて!」と言いのこし、お化粧室に行こうとした。

「しめた!」と思った。

わたしは少し大げさに、

「わたくしなんかが、イチオクエンに手を触れてよろしいんでしょうか?」

と言ってみせると、近くにいたお客様はどっと笑われた。

渦中のお客様は背中を向けたまま、「あんたにゃ負けたよ」といった風にヒラヒラと手を振って、お化粧室に消えてしまわれた。

クルーから、「どうやって納得してもらったの?」と聞かれたので、イチオクエンの話をしたら、あの紳士がそんなジョークを言ったのかと驚いていた。

その後も、このお客様にはクルーがたびたび手を焼いていたが、そのつど呼び出されては御用聞きに伺っていた。

これをやりがいと取るか、厄介と取るかで仕事内容はずいぶん変わってくる。

だれもが満足させられなかったお客様に喜んでいただき、最後にありがとうなんて言われた日にゃ、飛び上がるほどうれしい。

わたしは、根っからのサービス人間なんだなと思う。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、ポチッと応援クリックお願いします🙇‍♀️ 


客室乗務員ランキング