ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系エアライン客室乗務員Vikiのブログ。コロナで今はオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

リンゴンベリー 北欧の美味しいスーパーフード

北欧の人気伝統食材【リンゴンベリー】

 

f:id:ciel114:20180506132444j:plain

 

Facebookで、北欧の食材の話になった。

リンゴンベリーの名前が出たので、スウェーデン人の友人アンドレアに連絡をして、ジャムならどのメーカーの評判がいいのか尋ねてみた。

 

FELIX リンゴンベリージャム

 

彼女のおすすめは、スウェーデン製フェリックスのジャム。

さっそく購入し、けさトーストに塗って食べてみた。

甘酸っぱくて美味しい! 

同じベリーの仲間でも、ストロベリーやブルーベリーよりも個性が強く、ラズベリーやクランベリーよりも酸味があるかんじ。

日本人にとっては特徴的な匂いかも。

なかには臭いというコメントもあるが、お料理に添えると気にならない。

ワイルドな味わいは、いちど試してみる価値あり。

 

f:id:ciel114:20180506132326j:plain

 

【フェリックス】リンゴンベリージャムの通販サイトはこちら↓ 

 

※カルディやIKEAなどでも買えます♪

 

f:id:ciel114:20180506132355j:plain

 

リンゴンベリーの効能

 

リンゴンベリーとは、スカンジナビアに自生しているコケモモの実のこと。

ビタミンA、E、Cをはじめ、マンガン、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラルを豊富に含む、栄養価の高いスーパーフードだ。

抗酸化作用、美肌作用に効果があるとされる、ポリフェノールもたっぷり。

肥満防止にも効果的と言われているので、積極的にとりたいと思う。

 

リンゴンベリーの使い方・イメージ

 

スウェーデンではミートボール、ノルウェーではシカやトナカイなどジビエ料理のソースに使われている。

 

f:id:ciel114:20180506164642j:plain

 

リンゴンベリー狩り

 

先日、スウェーデン人のヨアキムと同じギャレーで働いた。
肌が透き通るように白いため、ほんのりと頬の血色が浮かびあがっている。
どちらかと言うと(どちらか言わんでも)わたしの息子のほうに年が近い。


彼は言う。
子どものころ、おばあさまといっしょにリンゴンベリーの実を採りに行ったと。

美しい少年が、上品な老婦人と紅い果実を摘んでいる。
まるで「世界名作劇場」のアニメの世界ではないか!
(わからない人ごめんなさい。それはあなたがヤングな証拠)

 

f:id:ciel114:20180506132541j:plain

 

マッシュルーム狩り

 

「リンゴンベリーだけじゃなくて、マッシュルームなんかも採りに行ってたよ」 

わたしは昔、マンガによく出てきたキノコを思い浮かべた。

「白い水玉のついた、赤いキノコ?」

「あれは毒キノコだから、ぜったいに食べちゃダメ!」  

 

ナヌ⁉️

たしかサンリオのキャラクター、ウサギのマイメロディは、あのキノコをせっせと育てていたはず。

マイメロちゃん、気ぃつけや!

あれ食べたら、死ぬらしいで!

 

f:id:ciel114:20180506134935j:plain

(見た目はめっちゃ可愛いのになぁ… )

 

ちなみに、うちの会社のクルーは日本のしいたけが好きだ。

成田からの機内食に、焼き椎茸が載っていると大喜び。 

「シーターケマッシュルーム!」

と言って、モリモリ食べている(アクセントは、シーターケの「タ」につく)

たしかに欧米のキノコ類に比べると、お味が濃くて風味があるものね。 

 

これからも、体に良くておいしい外国の食材をご紹介していきたいと思います。

 

よかったら下の毒キノコ(!)をクリックして、応援してくださいね❣️


人気ブログランキング