ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。 フライトエピソードをはじめ、オフの日のあれこれ(おもに宝塚歌劇)について綴っています。

キリカヌーン 南オーストラリア産カルトワイン

キリカヌーン 南オーストラリア産カルトワイン

 

ぎゃー!

ときが来たら、みなさんにご紹介しようと思っていた、とっておきの赤ワインが…

売り切れてる(><)

ショック!

 

こないだアマゾンで見つけたから、いつでも買えると思って安心していた。

だがいま、記事を書こうと探したら…ない!

 

あせってアマゾンやら楽天やらヤフーショッピングやら、かたっぱしから検索してみた。

すると、2015年と少し若いけれど、同じ銘柄があったーーー(泣)

 

そう、わたしの最近のヒットはキリカヌーン。

 

4779948C-65D2-4041-8131-DF5E956D345C.jpeg 

Kilikanoon【Killerman’s Run】

 

1997年に、南オーストラリアはクレア・ヴァレーに設立された新生ワイナリー。

 

歴史はまだ浅いが、その実力はグランジ、オーパスワン、ロマネコンティと肩を並べるほどだと言われている。

 

ろくに勉強もせずに、「おいしい!カンペキ!最高!」と上機嫌で飲んでいたら。

 

パーカー氏やハリデー氏といったワイン界の重鎮たちが、この世に存在するすべての「美味」をあらわす形容詞を駆使して、キリカヌーンの素晴らしさを伝えているではないか!

 

それに比べて、「おいしい!カンペキ!最高!」

…わたしのボキャブラリーの貧しさよ(//∇//) ←いちおうソムリエ

 

でも、ほんとうにそうなんです。

もう、それしか出てこないんです。

 

だれかを本気で好きになったとき。

「その人のココが良いから好きだ」なんて言いますか?

(ブルゾンちえ◯ではありません笑)

 

好きになるのに、理由なんてない。

ただ無性に惹きつけられ、心が騒ぐワインと共にある人生を謳歌する。

キリカヌーン キラーマンズ ランは、そんな理想を叶えてくれるワインです。

 

わたしのお気に入りは、果実味豊かでまろやかでありながら、重厚な味わいのシラーズ。

 

そして驚くべきは、このお値段!

コスパとか、もはや超えてるっしょ…

造ったはなから売り切れてしまうのも納得です。

 

以下に各社リンクを貼っておきますので、見つけたら即買いをおすすめします。

売り切れていても、再入荷されることがありますので、決してあきらめないで。

 

キリカヌーンのご購入はこちらから

 

 

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

みなさまの応援クリックが励みになります。


客室乗務員ランキング