ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

フライトのNo Goアイテム、ハンドクリーム

CAの仕事は、華やかなことばかりじゃない。

食事の後片付け、化粧室の清掃、その他ここには書けないようなダーティワークも。

その都度、清潔さを保つために手を洗う。

機内はスーパードライ。

放っておいたら、へその緒のような手になってしまう。

悪化すると、ひび割れ、あかぎれへと進行するので、事前に手を打つのが望ましい。

これまでに、国内外さまざまなメーカーのハンドクリームを使ってきた。

一番お高いもので、ゲランの6500円のものだったと記憶している。

「そこまでせんでも」と正気に返って、リーズナブルなハンドクリームを探し続けたところ、ロクシタンに軍配が上がった。

(ワンポイントイングリッシュ: ここで言うリーズナブルというのは、安いという意味ではなく、納得できる価格、品質に相応な金額のことを指す。)

わたしのコレクションの一部をお見せします❤️⬇︎E59485EE-6A3A-413F-9875-CB56B1C110E5.jpeg 左から、基本のシア、縁起の良いサクラ、新定番のテール ド ルミエール、気品あるローズ、男性にもおすすめのヴァーベナ。

いま一番のお気に入りは、数量限定の

フランボワーズフリジア。

速攻でカサカサが消える瞬発力と、ロマンティックな香りを兼ね備えた才色兼備。

つけると、女に生まれて良かった!と思える一品。⬇︎ BDDA44C1-101A-47F1-B87B-04CD095E8085.jpeg

忙しい毎日の中、ハンドクリームを塗るのは案外めんどくさいものだ。

その時間を楽しいものにしてくれるのがロクシタン。

 

 

季節や気分に合わせて、手の感触や匂いも着替えれば、心もお肌も潤うこと間違いなし。

しっとりお肌を整えてくれるのに、べたつかないから、塗ったあとすぐ作業に戻れるのも嬉しい。

 

もし、ひび割れ、あかぎれができてしまったら?

ハンドクリームでは修復不可能なくらい、荒れてしまったら?

大丈夫、強い味方がいますよ。

老舗中の老舗、

エリザベスアーデン エイトアワークリーム。 E4445184-279A-4D65-9ED0-2DC4B684B8E7.jpeg

こちらは、ハンドクリームというよりむしろ塗り薬である。

小さい傷の類いなら、あっという間に治してくれるスグレモノ。

フライトでできてしまった切り傷なども、翌日には良くなっているから、キャビンバッグには必ず入っている。

荒れた唇にも使えるので、一本あるととても便利だ。

しかしこちらはめっちゃベタつくので、塗ってしばらくはスマホなどにお手を触れませぬよう。

 

アマゾンで購入可能⬇︎  

エリザベスアーデン エイトアワークリーム

 

手は年齢と、生き方さえも映し出す鏡。

いつでもしなやかな手で、ハッピーを呼び込もう。

 

 

ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援お願いします。


人気ブログランキング