ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系エアライン客室乗務員Vikiのブログ。コロナで今はオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

会えない時間が続くから。2021年の抱負は「心が伝わる写真」が撮れるようになること。

2021年の抱負

 

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

新型コロナウイルスの影響で、いろんな活動が制限された2020年。

これまでふつうに行われていたことが、のきなみオンライン化されましたね。

授業も、ミーティングも、ショッピングも。

そして、観劇や習い事まで。

スマホやパソコンが使えないと、ますます不便な世の中になってしまいました。

 

人とのつながりもしかり。

かんたんに会えなくなったぶん、SNS等による交流が欠かせなくなってきました。

こんなことでもなければ、ズームやチームズといったアプリを使うこともなかったでしょう。

Twitterだって、たまに開いていたのが、今や情報収集に欠かせないツールとなりました。

 

それなのに。

Instagramだけは、依然として進歩しません。

なぜなら、写真を撮るのが苦手だから。

 

基本的に、ことばで気持ちを伝えるブログやツイッター、フェイスブックには親和性を覚えるわたし。

だけど、視覚に訴える写真が主役のインスタグラムには、なかなか馴染めないのです。

 

でも、これだけ人と人との距離が遠くなってしまった今。

直接だれかと会ったり、話せない時間がしばらく続くでしょう。

そんなとき、かけがえのない一瞬をカメラに収めることができたら。

そしてそのとき感じたことを、だれかと共有することができたら。

だからわたしは今年、

「心が伝わる写真が撮れるようになる」

を目標にしたいと思います。

 

影武者なきカメラマンをめざして

 

昨年のクリスマスに、ケーキの写真を撮りました。

何枚か撮ってみたけれど、どうにもこうにも映え(バエ)ない。

 

そこで、ご登場願うのが息子。

わたしと違って彼のインスタは、おしゃれな投稿で埋め尽くされているし、フォロワーさんもいっぱい。

 

わたしは、中川家の礼二さんもビックリ(⁉︎)のおかん節で、こう言いました。

「あんた、ちょっとこれ撮って」

「ええ〜っ、やだよ。自分で撮りなよ」

迷惑そうな彼をしつこく追いつめて、撮ってもらった写真がこちら↓

 

f:id:ciel114:20210106172208j:image

 

上手上手〜👏

そして母はこの写真を、まるで自分が撮ったかのように、しれっとアップするのです。

 

なぜそんな、ゴーストフォトグラファーみたいな真似をさせるのって?

理由は次の写真に。

ハイ、ドン。

 

f:id:ciel114:20210106172839j:image

 

こちらがわたしの撮った写真です😂

素人感満載!

同じものを切り取っても、ここまで違うとは。

 

もともとの感性によるものも大きいとは思いますが、ある程度は努力や訓練で改善される…はず。

SNSライフを楽しみ、ブロガーを名乗るなら。

日々の生活をたいせつに愛しんで。

二度と来ない今という時を、素敵にキャッチできる人になりたいです。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります♪


客室乗務員ランキング