ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。 フライトエピソードをはじめ、オフの日のあれこれ(おもに宝塚歌劇)について綴っています。

ミセスCAのフライト日誌

ミセスCAのフライト日誌

 

f:id:ciel114:20180503040808j:plain

 

今日は、着陸前の機内アナウンスでやらかしてしまった。

 

「窓側にお座りのお客さま、恐れ入りますが視界確保のため、窓のシェードをお閉めくださいますよう、ご協力をお願いいたします。」

 

(ハッ‼️閉めたら視界確保できんがな😱)

 

すぐに間違いに気がついて、

「失礼いたしました。シェードをお開けくださいますよう、お願い申し上げます」

と訂正したが、言ってしまった言葉は二度と引っ込めることができない。

 

自分に恥ずかしく、カーテンの裏でのたうち回っていたら、スチュワードのピーターがやってきた。

いったいどうしたんだと聞くので、オープンをクローズと言い違えたと伝えたら、

「お客さんの半分以上は気づいていないさ。少なくとも、ぼくにはぜんぜん分からなかった」←そらそーやろ、日本語やし

と、ニッコリしてくれた。

 

失敗をしたときも、わが社のクルーは驚くほど親身で温かい。

人間は、失敗するものだ。

これからしないようにすればいい。

これまでに何度、彼らの温かさに救われてきたことだろう。

 

前回のフライトでは、わが社のCEOと同じ名前がパッセンジャー(乗客)リストに載っていた。

「同姓同名かね?」なんて皆で話していたら、まさかの本人だった。

 

社長であろうが女王であろうが、人はみな平等だと考えている彼らは、さして普段と変わらない態度でありながら、やはりどこか緊張した空気が流れていた。

 

しかしサービスを通じてしだいに打ちとけあい、CEOと社員という垣根をこえて、人間同士の絆を結んでいくさまは、わたしの目にとても美しく映った。

 

三年前、フランス人のお客さまから、立派な感謝状をいただいたことがある。

かつてご自身もカナダの航空会社で飛び、現在は弁護士をなさっているそのご婦人は、わが社のCEOにも手紙(Letter to President)を送ってくださった。

それを受け、わたしのもとにはCEOから直々にお褒めの言葉が記された手紙が届いた。

 

よくやってくれた!

すばらしい仕事に感謝している。

あなたが、わが社の一員であることを誇りに思う。

 

 巨大な組織のトップにいる人が、こんな末端の人間に心からの賛辞を送ってくれたことに対し、あの時はとても恐れ多かったと話したら、 

「あたりまえのことだ。われわれはチームだ」と言われた。 

嬉しかった。

なんども言うが、この会社で働けて本当に幸せだ。

 

そして‼️

明日は木曜日だ。

デニッシュペストリーの日だ🍩

やっとめぐってきた、決戦の日。

こんどは忘れないように、とっととお腹のなかに入れてしまおう(笑) 

明日も乗員乗客みんなが、ハッピーなフライトでありますように。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。


人気ブログランキング

 

 

📕 デニッシュペストリーの悲劇?については、こちらからどうぞ。 

www.ciel114.com