ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

機窓から見える小さくて大きな空【珍しいオーロラの写真】

今週のお題「空の写真」

 

機窓から見える小さくて大きな空【珍しいオーロラの写真】

 

f:id:ciel114:20190720212635j:plain

 

これは、わたしが働く航空会社の飛行機の窓から見えたオーロラ。

お客さまが撮った写真をクルーがいただいて、それをわたしがもらったものだから、画像が少々粗くなっている。

それでもなお、その雄大さ、美しさがお分かりいただけるかと思う。

オーロラの織りなすネオングリーンの色彩は、地上のすべての光を凌駕するほど、色鮮やかで神秘的だ。

300人以上も乗れる大きな旅客機だけど。

宇宙のなかでは、小さな小さな存在。

暗い闇のような空を、道しるべのごとく照らすオーロラ。

まるで、目的地までの水先案内をしてくれているみたい。

 

わたしたちがオーロラに夢中になる理由

 

オーロラが見えるのは、ヨーロッパから日本へと向かう、帰国便のナイトフライト。

確率はきわめて低いが、お天気などの条件が整うと、進行方向左手の窓からヒョイっと姿をあらわす。

時刻は夜なので、機窓のシェードはすべて降ろされている。

だがごくまれに、乗員乗客みんなでオーロラを目にすることがある。

 

💚お行儀の良い日本人の国民性をも変えてしまう、驚愕のエクスペリエンス。それがオーロラとの遭遇🙀

www.ciel114.com

 

どうしてオーロラは、あれほどまでに人の心を惹きつけるのだろう。

突然その姿を現して、悠然とほほえみかけたかと思えば、忽然と消えてしまう。

いくら見たいと切望したとて、そうやすやすと出てきてはくれない。

いつもそこにある寛大な空とは違って、オーロラは気まぐれだ。

その気高く儚いところが、追い求めたくなる理由のひとつなのだろう。

快晴、くもり、雨、霧、雪、雷。

そして「ごくまれに」オーロラ。

空を職場にしていると、自然のいろいろな表情を垣間見ることができる。

あしたは、どんな空に出会えるだろうか。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。


客室乗務員ランキング