ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

石田ゆり子さんもお気に入り 東京 新木場 倉庫カフェ&ギャラリー【カシカ casica】

銘木倉庫をリノベーションした、まったく新しい複合施設【カシカ casica】

「ほんとに、ここで合ってるのかなぁ?」

古びた倉庫にしか見えない建物。

お目当ての場所がここでいいのかどうか、一瞬とまどう。

おずおずと扉を開ける。

f:id:ciel114:20180927155010j:image

そこには、別世界が広がっていた。

漢方薬局を思わせるカウンター。

スペーシーな天井。

無秩序に置かれたオブジェ。

それらすべてが奇妙な調和をとげて、【カシカ casica】ならではの秩序を生み出している。

 

コンセプトは、生きた時間と空間を「可視化(カシカ)」する 

 

f:id:ciel114:20180929165845j:plain

秘密基地、あるいは時空の狭間。

まるで、ここだけが別の時間軸の上を時が流れているような錯覚に陥ってしまう。

こんなに不思議な空間なのに、なぜか居心地がいい。

わたしたちも、図らずも長居してしまった。


f:id:ciel114:20180927155013j:image

本や観葉植物、食器に日用雑貨。

混沌とした空間のなかで、人びとは思うがままにくつろいでいる。

最奥の広いスペースには、ていねいにリペアされた古い家具が置いてある。

昔、おばあちゃんちで見たようなものも混ざっている。

見るもよし、買うもよし。

ここでは、モノとのさまざまな関わりかたができる。

 

古いトランクが時間旅行に誘う

 

入口を入ってすぐ左横に置かれたトランクの山が圧巻。

よくぞここまで集められたものだ。

これらはすべて小道具ではなく、じっさいに使用されていたものだと思われる。

そうとう古そうなのもあるから、ずいぶんと昔のものなのだろう。

その時代にスーツケースで移動する種類の人間といえば、やんごとなき身分の人か、お金持ちかにちがいない。

いまのとちがってコロコロもついていないから、きっとお付きの者に運ばせていたんだろうな。

このトランクたちは、いったいどんなところを旅してきたんだろう。

 

f:id:ciel114:20180927155020j:image

 

 南風食堂監修の、からだにやさしいメニュー

 

ここのカフェメニューがまた、一風変わっていて面白い。

わたしたちが選んだのは、以下の三品。

干し豆腐、押し麦、レンズ豆、モロヘイヤにパクチー。

ヘルシーな食材が、これでもかというくらいふんだんに使用されている。

 

f:id:ciel114:20180927155015j:image

 くわしいメニューはこちら。

 

https://static.casica.tokyo/CASICA_menu_summer.pdf


南風食堂の名の通り、体のなかを優しい風が吹き抜けていくイメージ。

薬膳やアーユルヴェーダの考えをベースに作られていると聞いて思わず納得。

 

casica.tokyo

 

女優の石田ゆり子さんが、自身のインスタグラムのなかで【カシカ casica】について言及されている。

 

instagrammernews.com

 

お気に入りのカンタを愛おしそうに抱きしめる表情がとても印象的。

おしゃれで感度の高い石田さんだから、きっとおうちで素敵にアレンジして使っていらっしゃることでしょうね♡

 

あなたも、つぎの週末は【カシカ casica】で、時空の旅に出てみませんか?

 

 

応援クリック励みになります!


客室乗務員ランキング