ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

健康診断に行くまでに不健康になりそうな話

f:id:ciel114:20190207071739j:plain


冷たい雨が降るなか、空港に向かっている。

今日は、5年ぶりの健康診断。

といっても、現地で行われるものだ。

日本では年にいちどだが、ヨーロッパの健診機関でも、5年にいちどの受診が義務づけられている。

以前は3年おきだったが、3年でも5年でも、この仕事をしているとあっという間だ。

 

毎度どこのクリニックに行かされるかわからなくてドキドキなのだが、今回は今まででいちばんナゾな場所に行く。

その街の名は明かせないが、国内有数の医学が結集した大学病院のある学生街だそうだ。

外国人クルーが、成田空港から本郷三丁目の病院に向かっている感じかと、勝手に想像する。

 

それにしても、行ったことのない場所にひとりで行くのは本当に心許ない。

ましてや海外ならなおさらだ。

なじみのクルーバスのドライバーが、迷子にならないようにと、わざわざ空港でバスを降りて、切符を買うのを手伝ってくれた。

 

「たいせつなクルーが、ぜんぜん違う方向に行っちゃうといけないからね」

「ありがとう!」

 

ホームまで案内してくれて、無事に列車に乗り込むことができた。

見知らぬ土地へ、国境さえも越えていく。

流れゆく景色が、どんどん牧歌的になっていく。

ドライバーさんの笑顔が、すでに懐かしい。

 

乗りなれない電車は、居心地がわるい。

さっきの駅でほとんどの人が降りていったし、その後なかなか発車しないのも気がかりだ。

わたしは車掌さんに聞く。

この列車は、本郷三丁目まで行きますか?(ニュアンス)

 

f:id:ciel114:20190206223128j:plain

 

動き出した(ホッ)

外資系の航空会社で働いていると、外国慣れしているから、どこへだって簡単に行くことができると思われがちだ。

だがわたしはチキン。

コスモポリタンとはほど遠い、臆病者なのだ。

加えて、路線図や地図を見るのが大の苦手。

一駅一駅、まちがっていないかどうか確認する。

気持ちを落ち着かせるために、丸の内線に乗っていると思うことにした(どんだけだよ)

 

駅に着いた。

ホームに降り立ち、あたりを見渡す。

それこそ、右も左もわからない。

キョロキョロしていると、病院がある通りの名前が書かれた表示を発見!

しかし、その通りに出たところで、その先がわからない。

これは、ここで道を聞いておいたほうがいいだろう。

 

近くにいた駅員さんに、地図を見せて尋ねてみる。

すると、表示されている地名と反対方向の出口から出ろという。

あっちに行って、教会のところで右に曲がって、カフェが見えてきたら…と、複雑怪奇な説明が続く。

去年受けた同期のKちゃんからは、

 

「改札を出たら、右斜め前にある建物だったと思うよ!」

 

と聞いていたので、そんなに遠いはずがない。

しまいには、バスのほうが早いから、改札で聞いてみてと言われた。

バス…?

バスに乗るなんて話は聞いていない。

駅員さんには申し訳ないが、彼がいなくなったのを確認して、表示どおりの改札へと向かった。

すると、

 

「目の前やん!」

 

ひとりでツッコミながら、胸をなでおろした。

 

良かった…

1時間も早く着いてしまった。

待合室には、だれもいない。

 

f:id:ciel114:20190206225251j:plain

 

周辺のカフェに行く勇気もないので、ここで先生を待つことにした。

窓の外は、冷たい雨。

雪に変わるかもしれない。

まだ健診も受けていないのに、もう帰りの心配をしている。

健康診断に来たのに、なんだか不健康になって帰りそうな気分だ。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

「読んだよ」のかわりにポチッと頂けると励みになります!

👇


人気ブログランキング