ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系CAのブログ。 フライトエピソードの他、宝塚・ジュエリー・コスメ・ワインなどの情報を発信しています。

40代にオススメの人気リキッドファンデーション【ランコム/タンイドル ウルトラ ウェア リキッド】

美容のプロがすすめるブランド【ランコム】

 

f:id:ciel114:20190722214047j:plain


この春、ファンデーションを変えた。

クッションファンデが好きで、ランコムやディオールのクッションファンデを使い続けていたわたし。

だけど、なんだか肌がパッとしなくなった。

クッションファンデは薄づきなのだ。

 

RMK リクイドファンデーションとの違い

 

f:id:ciel114:20190722221604j:plain


昨年の【RMK】クリスマスコフレに入っていたファンデーションも、透明感は出るものの、物足りなさを感じた。

若い娘には、もともとの肌にハリがあるから、ツヤを与えてくれるRMKはいいのかもしれない。

けれど年齢とともにアラが目立つようになるから、それなりにカバー力のあるものにシフトしていかなくっちゃね。

でも「顔面塗りたくりました」ってのは、ぜったいにイヤ!

そういうファンデーションは、崩れたときがコワイ。

 

ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの評価

 

そこで、美容賢者がこぞって推薦しているランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッドを試してみた。

コスメ・美容好きが集う化粧品サイトのオーソリティ【アットコスメ】でも、長らくランキング1位をひた走っている。

その使い心地は、クチコミ通り。

軽い。

くすまない。

なのに崩れにくい。

テカらない。

毛穴レス。

なのに素肌のよう。

 

しれっと毛穴カバー

 

そう、このファンデーションの良いところは「しれっと感」

わたしの座右の銘(?)でもある、「しれっと感」

違和感なく、自然にいいかんじを醸し出すことを指す。

「ギンギラギンにさりげなく感」と言い換えてもいいだろう。

強い光を放っているにもかかわらず、浮いていない感じ。

無理をしていると、どこかで歪みが出るもの。

ナチュラルに、でもしたたかに、ハイレベルな仕上がりを狙っていきたいですよね。

 

このファンデーションをつけた日は、お肌を褒められることが多い。

40代も後半になって、肌を褒められるのは女の勲章。

顔の造作は変えられないけれど、優秀なコスメは七難隠してくれるのです。

 

ランコム UV エクスペール BB n

 

f:id:ciel114:20190723000322j:plain

 

写真右は、もう何年も更新して使っているB.Bクリーム、ランコム UV エクスペール BB

年々進化を遂げ、つねに最善を提供してくれる強い味方。

下地と日焼け止めが一体化しているから、オフの日はこれにお粉をはたくだけで充分です。

オンの日、フライトのときには写真左のタンイドルを丁寧に塗ります。

 

そして重ねるのは、こちらのフェイスパウダー。

 

ロングタイム ノーシャイン ルースパウダー トランスルーセント

 

f:id:ciel114:20190723001129j:plain


LONG TIME NO SHINE

Long time no see(久しぶり=久しく会っていない)にかけて、久しくshineしてない(テカってない)

どうよこのネーミングセンス。

これ考えたの、関西の人じゃないかなと思う←いやフランス人やろ

ツッコミどころ満載の商品であるが、さすがはランコム。

つけたてのエアリーなお肌が、一日中長続きするのである。

日本で早朝に施したメイクが、ヨーロッパに着いてもなお崩れていない。

いや、本当は崩れているのだろう。

でも、崩れているように「見えない」のだ。

 

美しく崩れる

 

ランコムのベースメイクアイテムは、歳を重ねゆく女の重要課題を、しれっと叶えてくれる。

ロングタイムノーシャインは日本未発売だそうなので、以下に買えるお店のリンクを貼っておきます。

 

ご参考までに、粉もんじゃないほうも。

 

 

 

✈︎人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックを頂けると励みになります✨

 


客室乗務員ランキング