ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系エアライン客室乗務員Vikiのブログ。コロナで今はオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

オーロラ・パニック

オーロラ 〜人を狂わせるネオングリーン〜

 

あなたは、オーロラを見たことがありますか?

 

運がよければ、飛行機の窓から見ることができます。

それには、いくつか条件が整わなくてはなりません。

その条件とは?

それが整ったとき、人々がとる行動とは?

 

今回は、オーロラにまつわる驚きのエピソードをご紹介します。

 

(写真は、わが社の機窓から見えたオーロラ)

20171116115918303.jpg

 

オーロラフライト

 

冬はわが社の機内から、オーロラが見えることがある。

しかしそれは「ヨーロッパから日本に向かう便の、進行方向左手限定」である。

 

お休み中のお客さまを起こさないよう、ナイトフライトでは極力機内アナウンスを控えている。

だがその日のパーサーは、キャビン中に響きわたる声でアナウンスをした。

 

「みなさまの左手に、オーロラがご覧いただけます」

 

あまりに綺麗に見えたので、お客さまと感動を分かち合いたいと、サービス精神を発揮したのが仇となる。

大きな歓声とともに乗客が立ちあがり、いっせいに左側の通路めがけて突進!

あっという間に、機体の右側がもぬけの殻に。

 

ちょうど左側通路で免税品販売をしていたわたし。

カートを引きながら、客室のまんなかで立ち往生してしまった。

 

通路の前方にも後方にも、オーロラをひと目見ようと、びっしりお客さまが立っている。 

あちこちでカメラ撮影が行われ、カートを戻すことも進めることもできない。

 

「お〜きゃくさま〜失礼いたします〜カートが通ります〜お通しくださ〜い」

 

叫びつづけること数十分。

お客様をかきわけながら、なんとか所定の位置まで戻ったが、免税品の売り上げはゼロだった。

まさに「モノより思い出」

そして、われわれの収益は…プライスレス(シャレなっとらん)

 

ほどなくして、オーロラが消えた。

みんな自分の座席に戻り、さきほどの喧騒がウソみたいに静まり返った。

 

「なんて日だ…」

 

オーロラ豆知識

 

ところで、オーロラというのは、ほぼほぼジャパニーズイングリッシュ。

英語では「ノーザンライト」という。

 

ネオングリーンの鮮やかな光が、まるで生き物のようにうごめく。

大自然が繰り広げる、色と光のページェント。

 

発生の原理については、よそで調べて頂くとして(丸投げ)気になる飛行機の安全性についてお話しよう。

 

乗客が片側に寄ることで、飛行に影響はないのか?

 

パイロットに尋ねたところ、

 

ちょっと傾くかもしれないが、すぐに水平に戻る

 

ので、とくに安全面での問題はないそうだ。

 

バランスを崩して墜落でもしたらどうしようと焦ったけれど、飛行機はそれほどヤワじゃないみたい。

 

ちなみに、オーロラを見た人は幸せなれると言われている。

(ほんまかどうか知らんけど)

あなたもぜひいつか、ご覧になってみてはいかがだろうか。

 

 

人気ブログランキングに参加しています、

応援クリックをいただけると励みになります。 


人気ブログランキング