ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系エアライン客室乗務員Vikiのブログ。コロナで今はオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

青い薔薇の精に「いいね!」したスウェーデン人の話

青い薔薇の精に「いいね!」したスウェーデン人の話

 

きのう、明日海りおさんの退団によせてブログをアップした。

 

基本的に、SNSにも同じ内容の記事をあげるわたし。

なかでもFacebookには、ほぼ毎回ブログのリンクを貼っている。

Twitterでは、テーマを選んで更新を知らせる。

Instagramは、ふさわしい写真があるときだけ投稿する。

 

SNSのなかでいちばんプライベートなのがFacebook。

ほとんどが見知った関係のため、フライト中や家族の写真を載せることもある。

仕事がら友達の三分の一は外国人なので、極力、英語と日本語の両方でコメントを入れるようにしている。

 

ただし、ブログは別だ。

わたしのブログは一つの記事を除いて、すべて日本語で書かれているため、外国の人が読むことはできない。

だから、更新のお知らせを英訳することもない。

ゆえにブログをアップしても、外国の人から「いいね」がつくことはあまりない。

 

それなのに。

きのうの投稿に「いいね」した人のなかに、一人だけアルファベットの名前が混ざっていた。

そう。

同僚のスチュワード、スウェーデン人のマーティンである。

 

📕 ヅカ友マーティンとの、はじめての出会いはこちらから♡

www.ciel114.com

 

f:id:ciel114:20201222003458j:image

 

以前、星組の「霧深きエルベのほとり」「エストレージャス〜星たち〜」を観劇した彼。

(なんと当日券を買って、立ち見したそうだ)

すっかりタカラヅカファンになり、また観に行きたいと言っていた。

 

あれ以来、日本に飛んできていないのか、はたまたすれ違っているのか。

とんと会わなくなってしまった。

 

Facebookではつながっているので、ときどき「いいね」のやりとりはしているものの、今回みりおさん扮するエリュに反応しているのには笑ってしまった。

 

ブログをあらためて見てみると、マーティンに理解できそうなのは「青い薔薇の精」のポスター画像と「シャルム!」が始まる前のステージを撮った写真だけだ。

宝塚のビジュアルは、言語の壁を越えるということか。

 

あとはタイトルの「Never forget you」や「A Fairy Tale」くらいしか、英語表記はない。

 

Never forget you(決して忘れない)

Never forget everything of you(あなたのすべてを)

 

と文中に書いたから、だれかが退団するってわかったのかな。

彼は宝塚について非常によく調べていて、スターシステムに関しても詳しいのだ。

 

あなたが好きだったカール(紅ゆずるさん)は、こないだ退団しちゃったよ。

こんどはフロリアン(礼真琴さん)が、star troupe(星組)のトップスターなんだよ。

また、いろいろと教えてあげたいな。

 

それにしても、マーティンが観たのが「霧深きエルベのほとり」で本当に良かった。

これが「Another World」だったら?

何をやっているのかさっぱり分からないまま終わっていたはずだ(笑)

いや、死後の世界が舞台だとあらかじめ知っていたら、むしろ興味深かったかもしれない。

日本人の死生観みたいなものが垣間見れる、貴重なチャンスになったかも?

いつかぜひ、祖国の有名人?が登場する「ベルサイユのばら〜フェルゼン編〜」を見せてあげたいと思う。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。


客室乗務員ランキング