ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系エアライン客室乗務員Vikiのブログ。コロナで今はオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

機種変して思ったこと【AndroidからiPhoneへ】

機種変して思ったこと【AndroidからiPhoneへ】

 

f:id:ciel114:20180830225427j:plain

 

iPhone 8 Plusに機種変更

 

モノ持ちのいいわたしが、五年以上使用した携帯を買いかえた。

 

機種変更するといろいろ大変そうだから、写真の画像が悪かったり動作が遅かったりするのを、見て見ぬふりをして過ごしてきた。

しかし最近になって、楽天やヤフーから

 

「このバージョンでは、今後サービスが受けられません」

 

などという、最後通告が届くように。

それはさすがに困る。

というわけで、重い腰を上げてドコモショップへと向かった。

 

会社からiPadが支給されていることもあり、つぎに買うならiPhoneにしようと決めていたので、それも面倒くさいと感じた理由のひとつだ。

わたしはこれまで、アンドロイドしか使ったことがない。

異なるOS間での引き継ぎに手こずった、という話をよく耳にする。

 

「アイオーエス」のことを、長年「イオス」だと思っていたわたし。 

iPhoneに乗りかえるには、清水の舞台から飛び降りるレベルの気概を必要とした。

飛び降りたまんまじゃ帰って来られないので、命綱をつけておかなければならない。

 

命綱=機種変更する前にしておくべきこと

 

まずは、データのバックアップを取る。

それからApple IDを取得して、各種SNSを移行する。

 

フェイスブックやインスタ、ツイッターに関しては、新しい端末でアプリをダウンロードしてログインするだけだったが、時間がかかったのがライン。

現時点では、OSが違う機種同士だと、トーク履歴が引き継がれないというのだ。 

それは、これまで重ねてきた友達との会話、すなわちその人との交流の歴史が二度と見られなくなることを意味する。

 

「うっそーん!」

 

しょっちゅう見たりはしないけれど、過去のやりとりをさかのぼって思い出に浸ったり、大事な連絡事項を確認したりと、いまやラインのトーク履歴は覚え書きのような役割を果たしている。

それらが、あとかたもなく消えてしまうのだ。

 

わたしは必死になって、古いトーク履歴を読み返した。

膨大な量の会話。

読んでいると当時の気持ちがよみがえってきて、気づけば郷愁にふける自分がいた。

 

「こんなことしている場合じゃない!とっととキシュヘンせねば」

 

と奮い立ち、ナナメ読みしてなんとか読破した。

たいせつな会話は、スクリーンショットを撮った。

トークのなかにある写真は、アルバムに保存した。

それらは、とてつもない忍耐力がいる作業だった。

わたしみたいに泥棒をとらえてから縄をなうことのないよう、写真をもらったら面倒でもそのつど保存しておかれるのをおすすめする。

 

機種変して気づいた、2つの大事なこと

 

f:id:ciel114:20180830225636j:plain

 

機械オンチ、かつ要領が悪いわたしは、機種変を完了するまでに数日間を要した。

一見無駄な時間のように思われるが、これらの行為を通して再認識できたことがある。

それは、いつの日もわたしはひとりじゃなかったということ。 

 

いつもだれかの温かい声が、楽しい笑い声が、わたしを包んでくれていた。

自分の人生を、たったひとりで歩んでいるような気持ちになったとき、昔のラインやメールを読み返してみるといい。

あなたを愛し、支えてくれるひとがいることを、あらためて実感できるだろう。

 

同時にもうひとつ、気づいたことがある。

それは、トーク履歴が消去されても、失うものはなにもないということ。

あなたが歩んできた道、だれかといっしょに築いてきたものたちは、小さな端末だけでなく、心のなかにも確実に保存されているのだから。

 

 

人気ブログランキングに参加中です。

応援クリックをいただけると励みになります📶


客室乗務員ランキング