ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。フライト・宝塚歌劇・愛犬・ワイン・ジュエリーなどについて書いています。

吸引力の変わらないただ一人のCA【引き寄せの法則?】

吸引力の変わらないただ一人のCA

 

f:id:ciel114:20180513173259j:plain

 

知らない人から、よく声をかけられる。

世界中どこにいても、世界中の人から、声をかけられる。

わたしが急いでいようが、いまいが。

人は容赦なくわたしをつかまえて、なにかを尋ねようとする。

 

先日のこと。

急ぎの用があり、爆走していたところを呼びとめられ、道を聞かれそうになった。 

「すみません、急いでいるので」

と立ち去ろうとしたら、チッと舌打ちされた。

え?いま、「チッ」て言った?チッて?🙀 

ほかにも人、いっぱいいてるし!

歩いてる人、いっぱいいてるし!

 

引き寄せの法則?

 

とある一日を例にとってみよう。

 

① 銀座駅に降り立つ ⇨ 秒でつかまる

白人男性「ギンザストリートはどこですか?」

わたし「とりあえず、地上に出てください」←ざっくり

 

② ユニクロ銀座店に入る ⇨ 中国人のおばさんから、中国語でまくしたてられる

わたしを店員だと思いこんで、ほかのサイズだか色だかを持ってこいと言っている(ようだ。多分。知らんけど)

わたしもまた客であることをわからせようと、持っているカバンを見せつけるが、効果ナッシング。

しかたなく、自力で店員さんを探して「こちらのお客さま、あとお願いします」

言ったあとに自分でつっこむ。

(「あと」て何やねん)

わたしはもともと、ここの従業員ではないし、あとも先もない。

 

お店シリーズは国内だけでなく海外でも頻発する。

 

いつぞやは、乗務の前に時間があったので、某空港ターミナルにあるH&Mを見ていた。

レジの前に立っている外国人のおじさんが、わたしをしきりに手招きしている。

なんだろうと思って目をやると、レジと自分の持っているカゴを交互に指差している。

(ねえちゃんサボってないで、はよレジ打ちなはれ)

おっちゃんの責めるような眼差しをはねつけるように、わたしは制カバンを見せつける。

エアラインの制服を来ていることを確認すると、おっちゃんはゴメンゴメンとバツが悪そうに別の店員を呼んだ。

別の店員…てか、もともとわたしはここの従業員ではない。

 

市井の人々だけでなく、働く人たちからも、なんだかんだと勘違いされる。

 

あるときなど、某ホテルから出る成田行きのバスを待っていたら

「ほら、ボーっと立ってないで、早くお客さんからチケットもらって!」と、運転手から叱られた。

あきらかに、ホテルのドアマンかベルボーイと間違えられている。

すかさずスーツケースを見せつけて、バスの乗客であることをアピール。

運転手は、そそくさと本物のドアマンのほうへと行ってしまった。

(あやまらんかワレ〜w) 

エアラインの制服を着ているのにこれだから。

わたしは、どこにでも馴染んでしまう外観をしているのだろう。

病院にお見舞いに行けば、知らない患者さんから看護師さんだと間違えられるし。

チャウ、て言うてんのに。

何度も何度も、呼びとめられる😭 

どうもその場その場の雰囲気に、とけこんでしまうみたい。

ま、いろんな職業を体験できていっか…(?)

 

わたしが複数人といても、状況は変わらない。

 

ある日、息子の保護者会前に、ママ友たちと駅で待ち合わせをしていたら、サラジェシカパーカー(ふうの人)が、こちらに向かって歩いてきた。

ああきたな。

と思っていたら、案の定。

「びきさんの前だ〜!」(ねるとん紅鯨団ふうに)

「科学技術館ハ ドコデスカ?」

道を知っている風情に見えるのかもしれないが、実際は超絶方向音痴のわたし。

そばにいたママ友に、ナビを使って助けてもらう。

 

うちの近くにいたって同じことだ。

 

「◯◯眼科はどこですか」

「イオンへはどうやって行けばいいですか」

「マルエツへの道を教えてください」

 

すぐに答えられる質問なら良いのだが、なかには聞いたこともない場所を訊かれることも。

 

ある日、犬の散歩をしていると、通りすがりのおばあさんからメモを見せられ、この美容室に行きたいと言われた。

しばらく考えてみたが、どうしても思いつかず、ごめんなさいと言って別れた。

その後、犬とフラフラしていたら、さっき見た美容室の名前がかかれた看板が!

(ここだったのか!)

わたしは思わずお店のドアを開け、事情を説明した。すると、

「いらしてます!ちゃんといらしてますよ!」

と美容師さん。

視線の先には、さきほど道に迷っていた老婦人が、ちょこんと椅子に座っていた。

お店の人から丁重にお礼を言われ、お店をあとにする。

 

するとまた知らないおばさんから(連続技が多い)

「ねぇあなた、どこのトリミング行ってる?」

唐突すぎてビックリしたが、とりあえず行きつけのサロンの名前を言う。

聞けば、最寄りのペットショップが閉店したため、つぎからどこに行けばいいか悩んでいたそうだ。

エレベーターで初めて会った人から、着ていたダウンコートのブランドを尋ねられたこともある(ちなみにANAYIのもの)

 

ご近所シリーズもすごいが、世界シリーズはもっとすごい。

 

二年前、休暇をパリで過ごしたときのこと。

いっしょに行ったU子ちゃんは、わたしの捕獲(され)率に驚いていた。 

バトームッシュに乗ろうと、船着場で待っていたとき。

韓国人とおぼしきカップルから

「つぎの船は、何時に出ますか?」

…わたしは船頭ではない。 

凱旋門周辺にいたとき。

イタリア人が近づいてきて、大きい地図を広げ

「アローラ、わたしたちは今どこにいますか?」

…わたしはおまわりさんではない。 

水上バスに乗っていたとき。

アルジェリアから来たというOLさんからとつぜん

「一緒に写真を撮りましょう」

…国際交流❓😄 

凱旋門のなかで出会ったルーマニアの老夫婦からは…

…ああもう、いろいろありすぎて忘れてしまった! 

なにしろ毎日毎日、あの手この手で世界中の人が寄ってくるので、U子ちゃんはとうとう吹き出すようになってしまった。 

「また来たで!🤣」

 

これまでで一番おもしろかったのが、コペンハーゲン空港での出来事。 

デンマーク人とおぼしき親子から

「クリスチャンハウンへ行くには、どの電車に乗ればいいですか?」

と訊かれたのだ!

これは、新大阪を歩いているデンマーク人に

「なんば行きの電車はどれですか?」

と訊いているようなものだ。

自国の人が、ほかにもわんさか歩いているのに、わざわざ外国人を選ぶこともないだろう。

 

いったい、いつからこういう体質?になってしまったのか。

自分でもよくわからないが、おそらくこの仕事をはじめてからだと思う。

 

しかし、妙齢の男性から

「お茶でもいかがですか?」

と声をかけられることは、ない。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。


人気ブログランキング