ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

千歳船橋 青春のかけらを置いてきた街

思い出の千歳船橋

f:id:ciel114:20180508110230j:plain

ふたり暮らしのいきさつ

いまの会社に採用が決まってすぐ、東京で約1週間の研修があった。

その後、本国での1ヶ月にわたる訓練を終え、東京に居を構えることになった。

同期6人のうち、地方出身者なのはAちゃんとわたしだけ。

あとの4人は、実家から成田まで通える距離に住んでいたから、家探しをしなければならないのはわたしたち2人だけだった。 

だれも知らない東京。

いきなりひとりで住むのは心細い。

わたしは、Aちゃんにお願いした。

「いっしょに住んでくれへん?」

「住まへん?」じゃなくて、「住んでくれへん?」だ。

なぜなら、Aちゃんはそれまでにもアメリカや香港でひとり暮らしの経験があったので、だれかといっしょに住む必要性がなかったからだ。

でも、Aちゃんはさほど考える様子もなく、

「ええよ」と軽く言った。

Aちゃんの論はこうだ。

最初はなにかとお金がかかる。

家具や家電の費用を折半すればお金が浮くし、同じ家賃でもワンルームより2DKの方がいいところに住める。

さみしがりやのわたしと、しっかり者のAちゃんの利害が一致した。

頼りないわたしを放っておけないという、人助け的な感情も働いたのだと思う。

住む場所は、Aちゃんが指定した。

知り合いのいる世田谷に住みたいと。

東京に何区あるのかさえ曖昧だったわたしにとっては、どこだって同じだった。

ただ、世田谷といえば「ええとこ」のイメージがあったから、安心して首を縦に振った。 

こうして、ふたりの珍生活が始まった。

 

東京で初めて住んだ場所

小田急線千歳船橋の駅から歩いて5分。

すぐそばの通りには、流しのタクシーが走っていたから、通勤には困らなかった。

困ったことといえば、エレベーターのない物件であるということ。

2階だとはいえ、フライトのたびに大きなスーツケースを持って上り下りするのは重労働だった。

当時のフライトパターンは、10日以上家を空けるものだったので、スーツケースが鉛のように重かったのだ。 

家電はすべて、新宿のさくらやで揃えた。

あんなに繁盛していたのに、ずいぶん前に閉店したみたいだ。

小田急線の始点は新宿駅。

どこへ行くにも、この駅を拠点として行動していた。

Google Analytics先生によると、新宿には大阪と同じくらい拙ブログの読者がいらっしゃるそうなので、これもなにかのご縁かと思う。 

わたしたちの住むマンションは、駅前からつづく賑やかな商店街の先にあった。

巨大なスピーカーからは、いつも大音量で同じフレーズのアナウンスが流れていた。

「パチンコスルナラ コクサイセンター 」

「スーパーミリオン スーパーミリオンデゴザイマス」

ひっきりなしに流れているので、なかば洗脳に近いかたちで覚えている。

いまでもあれは、続いているのだろうか。 

国際センターとスーパーミリオンは、まだ存在しているのだろうか。

 

二人のお気に入りだったお店

スーパーシマダヤ

いまではオオゼキという店になっているようだが、わたしはここの常連だった。

ほかのスーパーと違って、舶来の食品やおしゃれな日用雑貨が所狭しと置いてあった。

スーパーというより、デパートに近かったかも。

なぜなら、そこにはエレベーターガールがいたからだ。

2階までしかないのに、エレガですよ!

「2階へ参ります〜2階、2階でございます〜2階です〜」

(わかっている。わかっているとも。)

心の中でそう呟いていたのは、わたしだけではなかったはずだ。

懐かしくなってググってみたら、なんと日本でいちばん初めにエレベーターを設置したスーパーだったという。

そんなに由緒あるスーパーだったなんて。

エレガは、古くから続く伝統だったんだね。

 

夜でもランチの店 ひろや

実際の名前は、「中華とランチの店 ひろや」

だが、夜でもランチメニューが注文できたため、Aちゃんといっしょにこう呼んでいた。

お子様ランチにインスパイアされた店主が、セットメニューのことを「ニラ玉ランチ」や「焼肉ランチ」と名づけたのではないかと勝手に解釈している。

いちおう外資系で働いているわたしたちは、夜なのに「ランチ」とオーダーすることに、若干の違和感を感じていた。

しかし、ここのお料理がまぁ絶品でしてね。

フライト明けに、ここに行くのが楽しみで。

20代前半の飛び職がふたり集まれば、そりゃもう食べる、食べる!

Aちゃんはバレーボール選手並みの身長をしているし、わたしも小さい方ではない。

いつもジャージでふらっとやってくるわたしたちのことを、日体大のスポーツ選手かなにかと勘違いしていた人は少なくないと思う。

 

カラオケボックス

そして店の名前は忘れたが、行きつけのカラオケボックスがあった。

当時は、広瀬香美や華原朋美の歌が流行っていた。

キーがおそろしく高く、「サビでエライことなるの分かってるのに歌ってしまう」という過ちを、なんども犯していた。

それは、「ペヤング焼きそばの大盛り食べたらどうなるか分かってるのに食べる」という行為によく似ていた。 

(この感じ分かってもらえるだろうか)

 

築年数は勤続年数

先日、たまたまAちゃんとちとふな談義に花が咲き、20数年ぶりにちとふなツアーしようということになった。

エレガはもういない。

定食だって、昔ほどの量は食べられない。

カラオケも、いまどきの歌は知らない。

でも、わたしたちが青春を過ごした大切な場所であることに変わりはない。

Aちゃんが調べたら、わたしたちの住んでいたマンションはまだ健在だそうだ。

あのとき新築だったから、

「築年数は、わたしたちの勤務年数とまったく同じだね」

と言ってふたり笑った。 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリック励みになります。

 

 

Aちゃんのポジティブパワーにあやかりたいかたは、こちらをご一読ください。 

www.ciel114.com