ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。フライト・宝塚歌劇・愛犬・ワイン・ジュエリーなどについて書いています。

みんなちがってみんないいパート2

みんなちがってみんないいパート2

 

f:id:ciel114:20180423175237j:plain

 

ZERO

 

あなたは、0点を取ったことがありますか?

1ケタ、もしくは10なん点という点数を取ったことはあっても、0という点数は、なかなか取れるものではないと思う。

 

ゼロ。

そこには、なにも存在しない。

いや、なにもないが、そこにある←どっちでもええって笑

 

いずれにせよ、さざなみすら立たない、無の極み。

わたしはかつて、いちどだけ、その境地に達したことがある。

思い出してみよう。

わら半紙に刻まれた、ゼロという赤い文字。

 

先生公認の0点

 

あれは、高3の夏休み明けの宿題考査だった。

国公立大文系志望のわたしは、2次試験レベルの数学が必要ではなかった。

それゆえ、数学のオサム先生から、事前にこのテストについて「ビキちゃんは0点でもええよ〜」と言われていた。

「オサムちゃん(みんなからそう呼ばれていた)ほんまにええのん?」

「かまへんかまへん、そのぶんあんたは、共通1次の勉強がんばり。」 

かくして、先生直々に0点OKの許可を得たわたし。

本当にその範囲を勉強しないまま、テスト当日を迎えた。

 

当然ながら、1問もまともに解けやしなかった。

でも、粘着質なわたしは、なんとか部分点を稼ごうと思って、一応それらしいことを記入しておいた。

しかし、それらは屁の役にもたたず、予定通りゼロと書かれた答案を手にすることになった。

 

わたしは放課後、自分の至らなさを棚に上げて、先生をなじった。

「オサムちゃん、ホンマに0点やったやん!」

「ええねんええねん、ビキちゃんは、共通一次の勉強がんばり。」

 

数学との死闘

 

わたしは数学が大の苦手で、模試でも200点中100点を取るのがやっとだった。 

国語と英語は得意だったので、だいたいの過去問で200点満点を取ることができていた。 

「あとは数学さえ成績アップすれば、志望校に手が届くんだ!」

わたしは、命がけで共通1次数学に取り組んだ。

 

そして本番。

努力の甲斐あって、数学は150点をマーク!

わたしにしては上出来だ。

国語も、9割以上取れている。 

だが、得点源だった英語が、まさかの150点だった。

 

100+200=300(勉強前)

150+150=300(勉強後)

 

英数の合計点、いっしょやがな!  

勉強してもしなくても、総合得点が変わらないなんて。

こんなことになるなら、もっと生物や日本史に時間を割くんだった! 

英語に対する慢心が招いた、悲しい結末だった。

 

だが長い目で見ると、大嫌いだった数学を、あそこまで頑張れたという自信につながった。

結果には、つながらなかったけれど。

 

得意科目 不得意科目

 

時は過ぎ。

同窓会で赤点の話になり、わたしがムンクになった日のことをお話しした。

 

📕 みんなちがってみんないい(パート1)はこちら 

www.ciel114.com  

じつは、これには後日談がある。

なんと、この記事に登場する、某国立大学教授のOくんも、赤点を取ったことがあるというのだ。

高2のとき、古文の宿題考査で9点だったと。

聞けばそれは、百人一首のテストだったらしい。

(9首しか覚えてなかったんかい!) 

 

そのテストには覚えがないけれど、おそらく点数は良かったと思う。

なぜなら、わたしはクラス対抗百人一首大会で優勝し、代表者として校内大会に出場するほどだったからだ(ドヤ) 

しかし井の中の蛙、大会を知らず、もとい大海を知らず。

あっけなく敗退し、クラスに貢献することはできなかった。

 

それでもわたしは、古文や漢文が好きだ。

いまだに仲のいい友達と、漢文でラインしたりしているほど。

 

それにしても、どうして理系の人たちは、古文漢文をないがしろにするのかしらね。 

そういうわたしも、人のこと言えないけど。

なぜなら、0点のテスト範囲は、ほかならぬ「微分積分」だったから(笑)

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると更新の励みになります! 


人気ブログランキング