ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

関西

桃の季節に思うこと【大阪に住む親友へ捧ぐ】

今年も桃が届いた。 東京ではめったにお目にかかることのできない、大きくて立派な桃。 箱を開けると部屋中にひろがる、優しくて甘い香り。 年に一度、この時期だけのお楽しみだ。 差出人は、郷里に住む親友のT美である。 わたしたちは、中学の軟式テニス部…

伊丹空港でいただく美味しいおうどん【美々卯】

美々卯 伊丹空港店 【美々卯】おいしいうどんの代名詞 前回の帰阪の帰り。 なぜだか、無性においしいうどんが食べたくなった。 シコシコとした、のどごしの良い麺。 アッツアツの香り高〜いお出汁。 いったん想像してしまうと、ますますうどんのことが頭から…

大阪おすすめ【道頓堀 一明】おいしいお好み焼きの店

くいだおれの街、大阪 実家の母の見舞いに、関東から、そして九州から従姉妹が集まってくれた。 遠いところから大阪まで来てくれた彼女たちに、なにか想い出を作ってもらいたい。 短い時間しかなかったが、せっかくの機会。 ミナミの夜を散策することに。 若…

加藤仁と阿部守正の店に行ってきた

不思議な名前のパン屋さん 今日は用事があって、東西線の葛西まで。 帰りに、知る人ぞ知るパン屋さんに寄ってきた。 その名も、 加藤仁と阿部守正の店 一回では絶対に覚えられない店名。 いや、ご近所のかたでさえ、フルネームでは覚えていないんじゃないか…

なぎなた部同窓会@江戸堀タバーン in 肥後橋

なぎなた部 同窓会 まもなく、創立100周年を迎えるわが母校。 人生を振り返ってみるに、高校3年間がいちばん楽しく、また希望に満ち溢れている時代だった。 100周年記念の日に先立って、わたしが所属していたなぎなた部OG総会が開かれた。 廃部となったあと…

中川家 礼二氏演ずるオカンは、生きとし生ける大阪のオカンの共通項である件

息子から、ある動画を見せられた。 「お母さんに似てるんだよね〜」 なになに? どんな女優さん? と思ったら。 中川家の礼二やん!(爆笑) てっきり吉田羊さんかと思ったわ←あつかましい ネタは、【パートから帰ってきたオカン】 もう題名だけで笑える。 …

大阪の駅のポスターはシュールだ

イカン!アカン!マナー違反 「イカン」と「遺憾」をかけた、メッセージ性ばつぐん(?)のポスター。 主人公は、なにやら異様にアヤシイ、全身赤タイツの男。 これを拡大してみると 電車の中で肉食っとるがな! もっしゃもっしゃ。 しかも、「はじめ人間ギ…

大阪土産におすすめ マルシゲの【呼吸チョコ】がおいしい

大阪名物 【呼吸チョコ】 気になっていた。 ずっとずっと前から。 大阪の街中に、駅に、空港に。 どどーんと置いてある、魅惑のチョコの山。 否が応でも目を引く、ド派手なディスプレイ。 スーパー戦隊シリーズを彷彿とさせる(?)鮮やかなカラーリング。 …

フェニックス伊丹空港!【大阪エアポートワイナリーで、できたてのワインを楽しもう】

大阪国際(伊丹)空港 全面リニューアル ふるさと大阪に帰ってきた。 われらが伊丹空港が、すごいことになっている! これはもはや、空港ターミナルではない。 飲食店は梅田やなんばの地下街みたいだし、ショップは一流百貨店のそれである。 趣向をこらした…

やさしい関西弁講座

第1回 助詞の省略 みなさん、こんばんは。 やさしい関西弁講座の時間です。 今日は 一音節の単語につく助詞の省略 について学びます。 「ネイティブスピーカーのように話してみたい!」 という人は、しっかり聞いてくださいね。 主語を表す「が」の省略 おも…

大阪の人間が、東京でどこまでかましていいのかという件。

カッタルビ? あれは、息子の所属するサッカー部ママランチ会の帰り道でのこと。 「こないだ〇〇くん(息子の名前)とウチの子、新大久保にカッタルビ食べに行ってたよね〜」 カッタルビ? カッタルビ? カッタル…ビ? なんかちがう! 四人で立ち話をしてい…

アホ論。

アホについて話そう 大阪の人間にとって、「アホ」はたいせつな言葉である。 場合によっては、アホと呼ばれることが勲章ともなり得る。 「おまえ、ホンマにアホやな」 と言われることに、快感さえ覚えることがあるのだから。 この場合アクセントは、「ホンマ…

外資系エアラインの新人訓練【エピソード2】

日本人同期CAの人間関係 6人いる同期のうち、関西出身者は、Aちゃんとわたしのふたりだけ。 Aちゃんは、初めて会ったときから、いろんな意味で日本人離れしていた。 アメリカでは黒人のルームメイトと喧嘩をしたり、 香港では中国人タクシードライバーと対等…

南大阪のハワイ 藤井寺コナズ珈琲

コナズ珈琲 ハワイの休日をイメージしたアットホームなカフェ 大阪は藤井寺にある、ハワイをイメージした安らぎの空間。 ソファやテーブルの大きさや素材がバラバラなのに、絶妙な統一感をかもし出している。 ソファに置かれたクッションやぬいぐるみに、あ…

アメちゃん賛歌【大阪と飴の密接な関係】

すっちーとアメちゃん 前記事で、宙組記念イベントの陣をともに戦った戦友のKちゃん。 彼女は、宝塚はもとより吉本新喜劇のコアなファンでもある。 「すっちーのお披露目公演だって、固定電話だけで一列目取れたのに。」 と、今回のチケット争奪戦敗北を口惜…

笑い それは愛

本日、拙ブログが50記事目を迎えた。 開設から約3ヶ月。 まったくの初心者が、手探りでお届けするナゾの世界を、温かく見守っていただき、心より御礼申し上げます。 どうしてブログを書くのか。 自分に問いかけてみた。 「笑ってほしいから」 わたしの文章を…

あだ名 それは燃える生命【大阪人のあだ名の付け方】

A beautiful nickname ハンドルネームを愛犬の名前にしていたが、イヌと同じでは不都合なので、改名することにした。 高校時代からのあだ名「びき」に変更いたしますので、どうぞよろしくお願いします。 ひとりずつひとつ あだ名といえば、大阪人のあだ名の…

南大阪 桜珈琲【よくばりメニューが楽しめる郊外型カフェ】

口コミで大人気のカフェ【桜珈琲】 南大阪にある、宝石箱のような珈琲店。 広々と取った空間と、自然に囲まれた窓からの景色。 そしてなにより、メニューの豊富さに驚かされる。 よくばりな関西人の心を、十二分に満たしてくれるバリエーションだ。 モーニン…

さかい最高!さあいこう!

「堺の古墳?あきまへん!」 「あきまへん」=「あかん」の丁寧語。 「あかん」は、もともと「埒があかない」の「あかない」から来ているようだ。 同義語「あかぬ」の語尾にある、打ち消しの助動詞「ぬ」の撥音便化だと推測される←どうでもいい情報 さて、本…

商社ハケンOL時代

大阪・商社OL時代 スチュワーデスを目指しながら、派遣社員をしていたことがある。 ハケンとはいえ、あこがれの商社勤務。 毎日おしゃれをして、OLとして働くのはとても楽しかった。 ブランドビジネス課に配属 わたしが配属されたのは、ファッションブランド…

懐かしの関空フライト

日本人CAの重要な役割のひとつ、通訳業務。 英語と日本語をつなぐのが基本だ。 だが入社してすぐ、思いがけない通訳をするはめに。 それは… 関西弁の通訳。 本国と成田を結ぶ路線に加え、オープンしたての関空にも就航したわが社。 その人員補充のため採用さ…

大阪 動の笑いと静の笑い

大阪の広告はシュールだ 笑いの王国、大阪。 街中に貼られた広告も、いちいちおもしろい。 インパクト勝負のものが多いなか、わたしが好きなのは、一見ふつうに見えて、しれっとウケを狙っているもの。 笑いもワインと同じで、あとからジワジワくるもののほ…