ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

比較文化

ガチ勢とは【英語で意味を考えてみた】

ガチ勢(がちぜい) みなさんは「ガチ勢」という言葉をご存知ですか? そして、それを英語で何というか分かりますか? Weblio辞書には、以下のように記されています。 ある物事に全力で取り組んでいる人々を意味するスラング 主にゲームプレイヤーのタイプを…

ミセスCAのオン&オフ日誌 現況報告

当ブログの【いま】 はてなブログより「ミセスCAのオン&オフ日誌を開設して1年が経ちました」とお知らせメールが来た。 今月は、はじめてアクセス数が10000を超えた。 ちょうど節目なので、いろいろと見直してみようと思う。 読者のみなさまとの架け橋【グー…

【リコリス/ラクリス】日本人がまずいと感じる、欧米で大人気のお菓子【ハーブグミ】

ステイ先のホテルのウェルカムサービス 今日も無事、フライトが終了した。 冬休み前の静けさか、めずらしく空席がたくさんあった。 お客さまにも、クルーにも余裕があるフライトだった。 さて、わたしがこの夏から勝手にモニタリングしているウェルカムウォ…

【水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦 2019】ってどうなの

先日のフライトでのこと。 スチュワードのエミールが、ミネラルウォーターのペットボトルを整理していた。 無作為に搭載されていたそれらを 南アルプスの天然水 サンベネデット 南アルプスの天然水 サンベネデット 南アルプスの天然水 サンベネデット 南アル…

ブログを始めてから一年が経過しました

いもくりなんきんの季節によせて みなさまこんにちは。 楽しい週末をお過ごしですか? 日増しに秋めいてまいりましたね。 さて、わたくしごとではございますが、このたび拙ブログ ミセスCAのオンオフ日誌 が、開設1周年を迎えました。 これもひとえに、読ん…

ヨーロッパで根強い人気 ニッポンのコケシドール【海を越えて活躍するかわいいこけし人形】

日本のアンティークドール【KOKESHI】 ヨーロッパにコケシブームがきていると過去記事に書いた。 一過性のもので、さすがにもう廃れているだろうと思っていたら違った。 コケシブームは衰えず、むしろ定着したと言っても良いだろう。 コケシラバーズたちは、…

ヨーロッパにおける日本ブーム【外国人に人気の日本土産】

空前の日本ブーム 日本食、 日本茶、マンガ、こけし。なかでも、ジャパニーズグルメの人気は高まるいっぽう。わが社のクルーも例にもれず、フライトで日本に来たら、スシにヤキトーリ(なぜか伸ばす笑)を思うぞんぶん堪能しているようだ。ヨーロッパ人の名前…

アメちゃん賛歌【大阪と飴の密接な関係】

すっちーとアメちゃん 前記事で、宙組記念イベントの陣をともに戦った戦友のKちゃん。 彼女は、宝塚はもとより吉本新喜劇のコアなファンでもある。 「すっちーのお披露目公演だって、固定電話だけで一列目取れたのに。」 と、今回のチケット争奪戦敗北を口惜…

あだ名 それは燃える生命【大阪人のあだ名の付け方】

A beautiful nickname ハンドルネームを愛犬の名前にしていたが、イヌと同じでは不都合なので、改名することにした。 高校時代からのあだ名「びき」に変更いたしますので、どうぞよろしくお願いします。 ひとりずつひとつ あだ名といえば、大阪人のあだ名の…

デンマーク、スウェーデン、ノルウェー あなたの知らない北欧

あなたは北欧について、どのようなイメージをお持ちだろうか? 白夜、オーロラ、それともサンタクロース? デンマークを代表する作家アンデルセンは、数々のおとぎ話を生み出した。 スウェーデンでは、栄えあるノーベル賞の授賞式が行われる。 ノルウェーは…

ウェイ系とは【若者言葉 2017】

「Aちゃんからライン返って来ないんだよね〜。」 最近ガールフレンドができた息子は、いつも彼女からの返信を気にしている。 「いつまでも待っていないで、早く寝なさい。」 「ワンチャン、今日中に連絡あるかも。」 待つわ 待ちわびて 待ちくたびれて 昭和…