ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

こころ

クウタン〜成田空港で働く者たちの守護神〜

成田国際空港イメージキャラクター【クウタン】 みなさんは、ゆるキャラの「クウタン」をご存知だろうか。 日本の空の玄関口・成田国際空港のイメージキャラクターであるらしい。 「らしい」というのは、わたしも今日、それを知ったからだ。 いきなり、お化…

梅雨空に願うこと

月に一度の帰省。 羽田空港で、伊丹行きの便を待っていた。 「広島行きは天候不良のため、これより天候調査を行います」 大阪に向かうわたしは、聞こえてくるアナウンスをBGMのように受け止めていた。 すると、近くに座っていた小さな女の子が 「おばあちゃ…

悲しみとサヨナラする方法

人はいつだって 悲しみと背中合わせ どんな人の背中にも 悲しみは宿っている 悲しみを見たくないから 人は悲しみに背を向ける だけどときどき悲しみは とてつもない重さで あなたを押し潰そうとする 背中の重みに耐えかねて 逃げ出そうとするとき 悲しみはよ…

平成から令和へー新しい時代を前に思うこと

平成最後の日 まもなく、平成最後の日を迎える。 2019年4月30日。 そのとき、わたしはなにをしているだろうか。 なにをするにしても「平成最後の」という枕詞がつくようになった昨今。 平成最後の食事。 平成最後のお風呂。 厳密に、元号が変わる瞬間にして…

息子の卒業式を前に思うこと

春の日差しのなか 小さな手を引いて歩いた 薄桃色の桜の下 君は緊張した面持ちで まっすぐ前を向いていた あれから12年の時が過ぎたけれど 君はまだちゃんと前を向いている わたしの手を離れて 自分の進む道を ただひたすらに見つめて 母親として わたしはな…

一枚のはがきが結んだ、目には見えない親子の絆

母が入院して久しい。 ひとりで暮らす父のもとへ、月にいちど帰る。 足がわるく、思うように動けない父。 もともと家事は母に任せっきりだったから、帰るたび部屋は荒れ放題。 注意をするとけんかになるから、黙々と掃除をする。 昨日は探しものがあったので…

年の瀬に思うこと

カウントダウン ああ〜忙しい! 時間が足りないわ! 宝塚歌劇「ファントム 」の登場人物、カルロッタの台詞である。 オペラ座の支配人、アラン・ショレの妻であり、プリマドンナの彼女。 経営のたいへんさをボヤきつつも、今後の野望に満ちあふれている。 カ…

ミセスCAのオンオフスイッチ【冬のステイ日誌】

冬のヨーロッパ おはようございます。 わたしはいま、フライトでヨーロッパの某都市に来ています。 こちらはただいま、摂氏8℃。 けさは霧が深く立ちこめ、窓からの景色もすっかり冬の色です。 オレンジ色の屋根も、黄色く色づいた木々も、白くけぶって見えま…

機種変して思ったこと【AndroidからiPhoneへ】

iPhone 8 Plusに機種変更 モノ持ちのいいわたしが、5年以上使用した携帯を買いかえた。 機種変するといろいろ大変だから、写真の画像が悪かったり、動作が遅かったりという欠点を、見て見ぬふりをして過ごしてきた。 しかし、最近になって楽天やヤフーから …

コンビニ人間とは誰のこと【村田沙耶香氏作//コンビニ人間によせて】

コンビニ わたしのオアシス フライトが終わった さあ コンビニに行こう セブンイレブンが好きだ 商品は良いし 接客も心地よい 仕事は大好きだけれど いいことばかりじゃない どんな気分で訪れても 変わらずに迎えてくれる 日本はコンビニという文化を もっと…

初心忘るべからず

ボーイング767型機 羽田発、伊丹行き。 大阪に帰省する際には、いつも全日空さんにお世話になっている。 空港カウンターで、 「できれば通路側か、お隣のいない席を」 とお願いしたら、まんなかの席しか空いていないと言われた。 聞けば、中型機のボーイング…

わたしを幸せにする41のルール 〜強く美しく生きるヒント〜

美容研究家・神崎恵さん 神崎恵さんが好きだ。 髪型もメイクもファッションも。 その生き方すべてが素敵。 いまをときめく美容研究家のひとりである神崎さん。 女性誌をはじめ、各種メディアで引っ張りだこだ。 わたしも著書はぜんぶ持っているし、雑誌の特…

落ちこんだ時に聴いてほしい宝塚の名曲【ミーアンドマイガール】

ME AND MY GIRL 今日も一日、おつかれさまでした。 お仕事はいかがでしたか? 商談がうまくいった? ノルマが達成できた? お客さまに喜んでもらえた? 長期連休明けの、週のど真ん中。 かなりきつい思いをされた方が多いのではないでしょうか。 主婦の方々…

ピラティスノススメ

ピラティスとは ピラティスのメリット ピラティスを始めて七年目。 おかげさまで、これといった不調もなく過ごせている。 週一回のペースでゆるゆると続けているが、本気で痩せたい時期には通い放題にして、集中的にがんばる。 ピラティスで痩せるのか? は…

初心者ブログ【ミセスCAのオン&オフ日誌】メインテーマ

めざすは寄り添い系ブログ 1日の終わりに そういえば、今日は ミセスCAのオンオフ日誌 更新されてるかな? なんて、思い出してもらえるようなブログになりたい 願わくば 朝の電車を待っているとき お昼休みにひと息ついたとき だれかを待っているあいだに と…

羽生結弦選手に捧げるオマージュ【平昌オリンピック/フィギュアスケート男子】

世紀の瞬間を見た。 金のメダルと、銀のメダル。 羽生選手、宇野選手、おめでとうございます! いま、こんなにも感動を与えてくれる存在が他にあるだろうか。 彼らは紛れもなく時代の、そしてスケート史に名を残すヒーローたちである。 昨日は、テレビにかじ…

2017年レコード大賞・紅白歌合戦に見る、ヒット曲の変遷と共通点

年が明け、1月も半ばを過ぎると、暮れの喧騒はどこへやら。 またいつもの暮らしが戻ってきた。 年末年始を振り返ると、レコード大賞や紅白、カウントダウンTVなど、華やかな歌番組が目白押しだった。 同じアーティストがあちこちに顔を出すので、ヒット曲と…

【北風と太陽】に見る人間学〜イソップ童話から学ぶ〜

2018年 飛び始め サクマドロップ教✴︎の教祖様でもある、同期のAちゃんと。 仕事とはいえ、仲良しの友達といっしょにフライトするのは楽しい。 わが社の東京便には、基本的に2名の日本人が乗務しており、ビジネスとエコノミーにひとりずつ割り当てられる。 別…

心の大掃除【新しい自分と出会うために】

ことしも終わり さあ 大掃除をしよう 古いファッション誌 「賞美期限」の過ぎたコスメ 毛玉のついたセーター そして ダメな自分 いらないもの ぜんぶ捨てて まっさらな新年を迎えよう 心のなかも整理して 空き容量を増やそう ストレージに余裕がないと 自分…

聖夜に想うこと

夜の機窓から はるか地上を見下ろすと 幾千の灯りがまたたいている にぎやかにひしめくところと ぽつりぽつり点在するところ 光の強さは違えども その灯火ひとつひとつのなかで だれかの人生が たしかに流れている 笑っている人 泣いている人 怒っている人 …

Love your flight【あなたはもっと高く飛べる】

Life is like a long flight Sunny cloudy, occasionally rainy It varies day to day In turbulence fasten your seatbelt and let it go In updraft stretch your wings and go forward In emergency ask for help We can help each other Don’t worry whe…

自分という名の飛行機【こころが折れそうになったら】

飛行機が無事に目的地へ到着すると、ホッとする。 自分が担当するステーションの窓から、空港に着いたことを確認すると、達成感で胸がいっぱいになる。 わたしたち乗務員は、降機したあと休むことができるが、飛行機はそうはいかない。 簡単な清掃を済ませ、…

シエルが教えてくれること

どこにいても あたたかなひだまりを見つけることができる そんな人は、きっと幸せだ 華やかなスポットライトじゃなくったっていい なんでもない日々を照らしてくれる小さな灯 たとえば 話題の本 新発売の缶チューハイ 新しい入浴剤 仲間とのたわいもない会話…

酸いも甘いも辛いも〜人生色々〜

サクマドロップ教 「人生は、サクマドロップのカンカンと同じ。だれの缶にもハッカが入ってる。人の缶には入ってないように見えるけど、絶対に入ってるんや」 Aちゃんとの出会い わたしの同期であり、人生の師とも呼べるAちゃん。 迷ったとき、いつも足元を…

心ほど大切な器官はない【こころが疲れたあなたへ】

希望という名の花を飾ろう どんなにつらくても 朝は容赦なくやってくる 幾千の朝を迎えれば あと何回これを繰り返せば 楽になれる日がくるのだろうか 生きていれば こんなふうに思うときが 誰にだってあるはずだ 母が言っていた 幸せのかたちは だいたいどれ…