ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

新人訓練エピソード2

C18DABDB-0C47-48EF-86F4-ECD93EBBB2D6.jpeg

 

同期六人のうち、関西出身なのはAちゃんとわたしの二人だけ。

 

初めのうちは、四と二の間に、国境が存在した。

 

Aちゃんは、アメリカでは黒人のルームメイトと対等に渡り合い、香港では中国人のタクシードライバー相手に喧嘩をしたりと、そのコスモポリタンぶりは枚挙にいとまがない。

 

そんなAちゃんだが、彼女のオリジンは限りなく関西で、100%メイドイン関西のわたしとシンクロ(同期)するのは必然の流れだった。

 

訓練中のある日。

 

珍しくぽっかりと時間が空いた。

 

特にやることもないし、ホテル地下のプールで泳ごうという話になって、各々が好き勝手に泳いでいた。

 

そのうち、Aちゃんとわたしがシンクロナイズドスイミング(もどき)を始めた。

 

やってるうちにどんどん楽しくなってきて、激しい技に挑戦してはゲラゲラ笑っていた。

 

それを見ていた同期のうち三人は、

 

「つまんない」

 

と言って、早々に部屋へ帰ってしまった。

 

しかし、一人残ったRさんだけは、わたしたちの華麗なパフォーマンスに手を叩いて魅入っていた。

 

Rさんは最年長で、みんなのまとめ役。

 

しっかり者で慈悲深い、お姉さんのような存在だ。

 

わたしは常々、彼女のことをドラえもんに出てくるしずかちゃんに似ていると思っている。

 

Aちゃんとわたしは、彼女をもっと喜ばせようと調子に乗って演技を続けた。

 

しまいには興奮しすぎて、Aちゃんが鼻血を出してしまう事態に!

 

それ以来、何かにつけて話題になったシンクロであるが、数年前に衝撃の事実が発覚した。

 

それは、Rさんが、あのとき本当はお部屋に帰りたかったこと。

 

そして、ほかの三人と同じく、実はつまんないと思っていたこと。

 

それを聞いたとき、わたしたち二人はガッカリするどころか

 

(めっちゃおいしい!!!)

 

と、大いに盛り上がった。

 

一緒に楽しんでくれているとばかり思っていたのに、実はスベっていた。

 

こういった現象を、関西人は「おいしい」と形容する。

 

関西、特に大阪では、自虐という一つの美学が存在する。

 

それに関しては、梅干しを食べたことのない人にその味を説明するくらい難しいので、またおいおい触れることにする。

 

話はそれたが、いろんな出来事を共有して、固く結ばれたわたしたち。

 

最初は高くそびえていた東西の壁も、今ではすっかり取り払われた。

 

遠い異国の地での新人訓練を乗り越えられたのも、長きにわたりこの仕事を続けていられるのも、他ならぬ同期のおかげだと心から感謝している。

 

いつも支えてくれて、本当にありがとう。

 

これからも、どうぞよろしく。

 

 

エピソード1へは、こちらからどうぞ。 

ciel114.hatenablog.com

 

 

 人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援お願いします。

 


人気ブログランキング