ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

東日本大地震から7年目に思うこと

92191E9F-DECE-48F9-A6C2-F0F027FFD7B1.jpeg

 

東日本大地震から7年。

 

亡くなられた方々、ご遺族の方々には、心よりお悔やみ申し上げます。

 

わたしは、阪神・淡路大震災を大阪で、東日本大地震を東京で経験しました。

 

東日本大地震当日、わたしたち家族は別々の場所にいました。

 

交通網が麻痺していたので身動きが取れず、それぞれが違う場所で不安な夜を過ごしました。

 

当時、息子はカトリック学校に通っていたため、他の児童たちと一緒に併設されたお御堂で夜を明かしました。

 

3月といえども寒い日でしたので、息子はとても寒がっていました。

 

人一倍大きな子でしたから、配布されたアルミシートから体がはみ出していたのです。

 

すると神父様はそれに気づき、ご自分のマントを脱いで息子にかけて下さったそうです。

 

ご自身も寒い思いをされていたはずなのに、惜しみなく愛を差し出して下さった神父様。

 

息子はどれほど救われたことでしょう。

 

その温もりに包まれて、安心して眠りについたと言います。

 

あれから7年、高校生の息子は、おかげさまで感謝の気持ちを忘れない子に育ちました。

 

自然の脅威と対峙するとき、人は人の温かさに救われます。

 

今後、いつどこで天災に見舞われるかわからない世の中。

 

その時どう動くのかが、人として生まれたわたしたちに与えられた課題だと思います。

 

 

 励みになりますので、応援のほどお願い申し上げます。 


人気ブログランキング