ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

新しい花粉症対策、花粉を水に変えるマスク

つらい花粉症 少しでも楽に

A5BA2BBA-CA7C-4C15-99E3-A327434A35DB.jpeg

 

季節と病気の密接な関係

「季節の変わり目を、処方箋で知るようになった」

とは、薬局でパートをしているAちゃんの弁。

 

つい最近までは、インフルエンザや高血圧の薬が花形だったのに、花粉症の薬がトップに躍り出て、いまやアレグラとクラリチンの天下だという。

季節の変わり目を、出回る薬によって知らされる時代が来ようとは。

 

むかし高田みづえが歌っていた。

季節の変わり目を あなたの心で知るなんて

もう恋も もう恋も 終わるのね

 

恋が終わる季節は、基本的に秋から冬にかけてを指すことが多いと思われるが、この曲も例に漏れず「秋冬」という題名だ。

 

花粉を水に変えるマスク

話はそれたが、花粉症対策で、わたしがいまとっても注目しているものがある。

それは、海老蔵さんのCMでおなじみ、花粉を水に変えるマスクだ。

マスク生地にハイドロ銀チタン®テクノロジーを加工することで、マスクの表面から侵入しようとする花粉を水に変えるのだという。

ハイドロ銀チタン®︎テクノロジーて一体なんやねん、という話だが、

それは医師の新しい発想で生まれた、花粉・ハウスダスト・カビ等のタンパク質や、汗・ニオイ・不衛生タンパク質を分解して水に変える DR.C医薬独自のクリーンな技術である。

病院の空気清浄機フィルターにも使用されているというから、かなり期待ができそうだ。

 

Aちゃんが勤める薬局では、アレグラ60日分!とか、すさまじい日数分の薬が毎日バンバカ処方されているという。

わたしは、そこまでひどい症状の患者ではないが、少しでも内服薬に頼らない春を過ごしたい。

 

口コミを見ても非常に良い商品だと思われる。

マスクにしてはお高いが、モノは試しだ。

本格的な飛来シーズンに向けて、さっそくポチってみた。

f:id:ciel114:20181113113059j:plain

さあ来い、花粉!

 

ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援お願いします。


人気ブログランキング