ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

みんなちがってみんないい

33CCF1C6-FCD0-4370-97CE-EE4F18A4CF0E.jpeg

 

「鶏口となるも牛後となるなかれ」

という、漢文からきた諺があるが、わたしの生き方はいつだって後者だった。

 

わたしが通っていた高校は、地元ではいちばん偏差値の高い学校だった。

無理をしてそこに入ったはいいが、入学後たいへんな思いをすることになる。

 

1学年500人以上いたその学校で、500番台の席次を取ることを

「底辺を這う」と言っていた。

 

底辺を這わないよう必死で勉強するのだが、

苦手科目においては、そこから抜け出すのが非常に難しい。

 

通知表の数学の欄には、いつも黄河ならぬ紅河が流れていた。

 

ゆく河の水は絶えずして、3学期まで黒い色に変わることはなかった。

 

代数幾何と基礎解析に分かれていたので、

さしずめ紅いチグリス・ユーフラテス川といったところか。

 

さすがに最終学年ではオセロさながら、真っ黒に変えてやりましたけどね(ドヤッ)

 

ところで数年前、同窓会で赤点の話になり、衝撃を受けたことがある。

 

高校時代から成績がよく、現在は某国立大の教授をされているO君が、

「赤点って何?」

と言ったのだ。

 

アカテンッテナニ

アカテンッテナニ

ワアアアアアアア

 

わたしは一瞬にしてムンクの叫びと化した。

この世に、赤点を知らない人間がいるのかと。

 

それは冗談でもなければ、赤点なんて取ったことがないという申告でもなかった。

 

まあそうよね。

日本を代表する大学の教授が、チグリス・ユーフラテス川が紅いとか言ってたら、この国の未来を疑うよね。

 

話は変わって、仲良くして頂いている湘南にお住まいのご夫婦から、巨大スイカを食べる会に招かれた日のことだ。

 

おいしいスイカをいただき、お酒も入って楽しく盛り上がるうち、ひょんなことで源氏物語の話になった。

 

古文が得意だったわたしは、桐壺の冒頭「いづれの御時にか。女御、更衣 あまたさぶらひ給ひけるなかに…」を諳んじてみせた。

 

皆が感嘆の声を上げるなか、一人の男性がこう言った。

 

「古文って、ぼくにとっては学校で勉強した科目の中で、もっとも役に立っていないものです。

そんなの覚えて、何になります?」

 

古文大好き芸人のわたしは、こう反論した。

 

「古文は人の心を豊かにします。」

 

古文に限らず文学というのは、ときに道しるべとなり、ときにその世界で遊ぶことができる。

 

そして、こう付け加えた。

 

「わたしの場合だと数学、たとえば微分積分なんて、なーんの役にも立っていませんけれど。」

 

すると、驚愕の答えが返ってきた。

 

「ぼくは、ナム○という会社でゲームを作っています。

微分積分は、ぼくの生活に欠かすことができません。」

 

わたしは、ここでもムンクと化した。

 

好き嫌い、得手不得手というのは、三者三様で「いとをかし」である。

それぞれに強みと弱みがあるからこそ、お互いが補いあって世の中がまわっているのだ。

 

自分ができないことを、自分の代わりにしてくれる他者に対し、感謝の気持ちや尊敬の念を抱きあえば、世界はもっと素敵な場所になるだろう。

 

続編はこちら💁‍♀️

www.ciel114.com

 

 人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。 


人気ブログランキング