ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

あだ名 それは燃えるいのち

856B4BCC-AF41-43E2-8F0C-930385E47555.jpeg

 

ハンドルネームを愛犬の名前にしていたが、イヌと同じでは不都合なので、改名することにした。

 

高校時代からのあだ名「びき」に変更いたしますので、どうぞよろしくお願いします。

 

あだ名といえば、大阪人のあだ名の付け方は面白い。

 

外見からイメージされるあだ名については、記載を憚られるものが多いので控えることにする。

 

ここでは、名前そのものから派生したあだ名にフィーチャーしたいと思う。

 

東京エリアと一線を画すと思われるあだ名の筆頭に、下の名前ではなく苗字に「〜っち」が付随するものが挙げられる。

 

トクダなら「とくだっち」、タカツジなら「たかつじっち」という具合に、規則的に変化する。

 

「〜本」で終わる苗字は、だいたいが「もっちゃん」と語尾変化をする。

 

さかもっちゃん、まつもっちゃん、もりもっちゃん、やまもっちゃん他。

 

苗字の頭文字が促音便化し、さらにひねりを加えたものも多く見られる。

 

うっさん、さっかん、はっしん、まっつん、よっちん、きっせん、などがそれに当たる。

 

エンドウクミコなら「えんこ」、ノグチヒサコなら「のこ」と、語幹と語尾のみを合体させたもの、

 

おかも(オカモト)、はなお(ハナオカ)など、苗字の上部のみを使用するもの、

 

ケイコ→クエコ→クエ

トモミ→チョモミ→チョモ

など、響きが少しずつ変化していったもの、

 

岡さん→お母さん→マミーというふうに、出世魚的な進化をとげるもの、

 

ブッチ、ケチャップなど、もはや何が語源なのか分からないものまで、

ありとあらゆる形態を網羅しているのが特徴だ。

 

長年の研究に基づいて、わたしが出した結論は、

大阪では、いくらキレイだろうが頭が良かろうが、みんな平等に変わったあだ名が付くということだ。

わたしは、この公平性も気に入っている。

 

イジられてナンボ。

イジられないことは、大阪では死を意味する(と思う)

 

変なあだ名、エキセントリックなあだ名のみなさん、

それは、あなたが愛されている証拠に他ならない。

 

自分のあだ名を誇りに思おう。

 

ただし、それは大阪限定の話かもしれない。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。

 


人気ブログランキング