ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

センター試験を終えた皆さんへ

F88003E4-8E32-4244-834D-7D0142F4C06A.jpeg

 

共通一次、もとい、センター試験が終了した。

わたしは共通一次の末裔なので、息子と話をするときも、ついついそう言ってしまう。

 

センター試験の日は、例年雪が降る日が多く、今年も大勢の受験生やご家族の皆さんが大変な思いをされている。

いまは冷たく寒いけれど、桜の咲く季節はすぐそこ。

どうか、最後まで走り抜いてください。

 

わたしが共通一次を受けた年には、前代未聞の【理科かさ上げ事件】が起きた。

生物&物理の平均点が、化学&地学と30点近く差があったため、生物&物理の受験生の得点をかさ上げするというものだ。

生物が苦手だったので、並みの点数に引きあげてもらったが、あの衝撃は今でも忘れない。

 

理科といえば、高校時代のO先生のことを思い出す。

そのころ【グリコ森永事件】で、世間を賑わせた犯人にそっくりだった。

 

遅刻におそろしく厳しく、生徒はチャイムが鳴る前までに着席していなければならなかった。

キーンコーンと、音がなったらもうアウト。

言い訳無用、容赦なく教室の後ろに立たされた。

 

また、指名されて答えられないと立たされた。

進学校で、中学時代ほとんど立たされた経験のない生徒ばかりだったから、最初はちょっとした騒ぎになった。

 

毎朝、なぎなた部の朝練で、防具を片づけたり袴を畳んだりするのが遅かったわたしは、いつも教室に滑り込んでいた。

だが彼が赴任してきてからは、一限目に化学がある日は滑り込みセーフという技が使えなくなってしまった。

それでも、どうしてもチャイムに間に合わないことがあり、

「立っとけ」の刑によく処された。

 

わたしはまた、化学の成績がばつぐんに悪かったため質問に答えられず、二重に立っとくハメになった。

 

アホな生徒を、ずっと後ろに立たせていたらどうなるか。

授業に集中できなくて、さらにアホになるだけである。

 

それを知っていた先生は、ほかの生徒とは比較にならない早さでわたしを席に戻した。

いつしか、「○○(わたしの名前)、六限終わったら化学講義室きなさいよ」が、授業の締めくくりの言葉となった。

 

時は流れ、大学四回生の春。

わたしは、母校に英語の教育実習に行くことになった。

 

誇らしいような、恥ずかしいような気分で正門をくぐった。

すると、懐かしい顔がわたしを出迎えてくれた。

 

そう、グリコ犯…もとい、O先生が満面の笑顔で、

「○○が、教師かあ〜〜〜」

いかにも可笑しそうに相好を崩している。

メガネの奥の細い目は、優しさすら湛えている。

 

先生の顔に、レパートリーがあることを初めて知った。

高校時代は、いつだって冷たい表情で、ムヒリとも笑うことがなかった。

つねに右手で口もとを隠していて、本当の姿を窺い知ることはできなかった。

 

その先生を、こんなにも笑わせている自分。

卒業してもう四年も経っていたのに、よっぽどアホの印象が強かったのだろう。

 

わたしは反撃に出た。

「そんなに笑わないでください。わたし文系科目の成績は良かったんですよ」

先生は、それでも笑うのをやめない。

 

わたしは思った。

もしかしたら、在学中は怖い先生のふりをして、皆に頑張ってほしかっただけなのかなと。

たしかに、先生に叱られないように、皆すっごく勉強したし、遅刻もなくなった。

 

わたしも、そんな教師になりたいと思った。

が、人生はわからない。

いまは全く違う畑を耕している。

 

受験生の皆さん、大学入試は本当にきついです。

でも、ながーい目で見れば、入る学校はもちろん大切だけれど、社会に出てから何をするかの方が重要です。

受験で取った得点は、あなたという人間の品質を定めるものではありません。

精一杯がんばった結果が手持ちの点数であれば、落ち込んだり振り返っている時間があるなら、その点数と共に、これから何ができるかを考えてください。

いまは泣きたい人も、数年後には笑い飛ばせる日が来ます。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。

 


人気ブログランキング