ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

乃木坂46 レコード大賞受賞おめでとう!

f:id:ciel114:20180423205509j:plain

いや〜良かった。

本当に良かった。

 

「インフルエンサー」

 

今も興奮冷めやらず。

彼女たち一人一人の、真剣な眼差しを思い出すだけで、また泣けてくる。

年の暮れに、素晴らしいものを見せてもらった。

 

家事をしながら、たまたまテレビをつけたら、ピンクレディーがウォンテッドを歌っていた。

家に誰もいないのをいいことに、一人で気持ちよく踊っていたら、続いて乃木坂46のパフォーマンスが始まった。

 

ブンブンブン

ブンブンブン

インフルエンサー

 

サビの部分だけは、今年何度も耳にしたこの曲。

でも、内容までは知らなかった。

と言うか、知ろうともしなかった。

なぜなら、歌は歌謡曲が一番だと思っていて、現代の歌にはあまり共感を得られないからだ。

 

しかし何なんだ、これは。

好きな人を想う気持ちが、痛いほど伝わってくる。

 

衣装や振り付けこそ近未来的だが、男女の切ない距離感を、普遍的なものに昇華させている。

この曲を今の今まで知らずにいたのは、乃木オタ(の母)として恥ずべきことと反省した。

 

過去記事、お嫁さんにしたい乃木坂メンバーで、

「姑目線で見ると、なーちゃんはないわー」

と言っていたわたしだが、受賞後のひたむきなコメントと、清々しいキュートなドヤ顔に、すっかりハートを射抜かれてしまった(←男か笑)

 

AKB48もそうだが、アイドルグループには、喋って可愛い子と踊って可愛い子の二種類がいる。

西野七瀬はどちらかと言うと後者だろう。

白石麻衣は両方を兼ね備えた、文句なしの完全体だ。

いつ見ても安定のパフォーマンス。

Wセンターの名にふさわしい二人の、真骨頂を見せてもらった気がする。

 

受賞前と受賞後の、二回観ることができたのもラッキーだった。

受賞前のパフォーマンスには鬼気迫るものがあった。

なにかを手に入れたいと願う人間は、あんな目になるのだと思った。

 

本人たちによると、今夜の出来が今までで一番良かったという。

わたしはずっと追っかけているわけではないので、普段との違いを知るよしもないが、涙が溢れるほど感動した。

受賞後は肩の力が抜けて、心底ほっとした表情をしていたのが印象的だ。

 

一生懸命頑張っている人を見ると、それが芸能人であれ、非常に励みになる。

今年一年、息子と共に応援してきた、娘のような彼女たち。

素敵な笑顔をありがとう。

あなたたちが栄冠を手にしてくれて、お義母さんはとても幸せです。

 

ギボselect❣️お嫁さんにしたいランキングもご一緒にどうぞ。 

www.ciel114.com

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。


人気ブログランキング