ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

日本語アナウンス裏話

外資系航空会社における、機内アナウンスの内情をお話ししよう。

 

基本的に、機長とパーサーは、自分の母国語と、共通語である英語の両方でアナウンスをする。

 

われわれ日本人乗務員は、それを受け、その場で臨機応変に日本語訳して、乗客に伝える。

 

アナウンスを担当する者の裁量によるところが大きいので、表現の違いや伝わるニュアンスには個人差がある。

 

お決まりの情報については大まかな雛型が用意されているが、予期せぬ事態に見舞われたり、機長やパーサーの個人的な見解を伝える際には、自分で言葉を探さねばならないので、さまざまな葛藤が起きる。

 

日本人乗務員には、あくまで外国語で入ってきたインフォメーションを直訳することが求められている。

 

しかし、文化の違いにより、

「それ、どうやって訳せと?」

とか、

「それ、言うたらあかんやつやん」

という内容のものが出てくる。

 

どうやって訳す?シリーズの中で、厄介なものの一つに、

『窮地におけるユーモア』がある。

 

それは、例えば直訳するとこうだ。

 

「我々は遅延した。

だが、お陰であなた方は、優秀なクルーとより長い時間を共有することができて幸運だ。」

 

(幸運…幸運…だと?

到着遅れとんのに、どの口が言うとんねん!)

 

ゲラゲラ笑っている外国人乗客と、無表情の日本人乗客の温度差たるや、すごいものがある。

わたしは、その冷静と情熱の間をかいくぐって、自分なりの着地点を見つけ出す。

機内アナウンスは即時通訳が身上だ。

 

「到着が遅れまして、皆様にはたいへんご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。」

 

乗客に見えない位置のマイクロフォンから話す時も、わたしは必ず頭を下げる。

そんなわたしをクルーがモノマネするが、それを制して続ける。

 

わたしは日本人だ。

日本人乗客の気持ちが理解できるのはわたしだけ。

外資系エアラインで働いていても、その気持ちだけは忘れない。

 

語弊がないように付け加えておくが、モノマネをしているクルーが、状況判断できていないわけでは断じてない。

むしろ場の空気を読んだ上で、おどけているのだ。

 

ヨーロッパの人たちは、相手と、そして自分自身の心を解き、和ませるためにユーモアという手段を使う。

とかくピリピリしがちな日本人には、学ぶべきところが非常に多いと思う。

 

しかし、反省すべきところをしれっと笑いに変えてしまうのだけは、勘弁してほしい。

 

602502A4-080D-4BEB-AEAF-4BF684AFEC05.jpeg

 

機内アナウンス「それ、言うたらあかんやつちゃうシリーズ」へは、こちらからどうぞ💁‍♀️

 

www.ciel114.com

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。

 


人気ブログランキング