ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

酸いも甘いも辛いも

57F51B05-5C21-4077-B99A-7617897738F3.jpeg

 

「人生は、サクマドロップのカンカンみたいなもんや。

誰の缶にもハッカが入ってる。

他の人の缶には入ってないように見えるけど、絶対に入ってるんや」

 

私の同期であり、人生の師とも呼べるAちゃんは、迷った時いつも足元を照らしてくれる。

飛行機の非常口を示す、誘導灯のような彼女と出会ったのは、今から20数年前のこと。

 

最初の出会いは、面接会場であるホテルのお手洗いだった。

すごく背が高くて、彼女の周りだけ光が差しているような、圧倒的な存在感を放つ子だった。

すでにどこかのエアラインで働いているような印象を受けたが、その推測は当たっていた。

某アジア系航空会社の訓練を、主席で修了したと後から聞いた。

そこで何を話したかは忘れてしまったが、その後一緒に暮らすことになるとは、思ってもみなかった。

 

ガラッ(ふすまを開ける音)

諸君!!

朝やで〜

起きや!

 

ムニャムニャ、フライトの翌日くらい、ゆっくり寝かせてよ〜

しかも「諸君」って…私しかいないし。

 

でもAちゃんは容赦ない。

 

いつまで寝てんねん!

お布団干すから、どきや〜

 

私のお布団なんだからほっといてー!と抗議する間もなく、ゴロゴロと布団から引っぺがされる。

 

自分のフライトの翌日だって、めっちゃ早起きだし。

疲労ニモマケズ、時差ボケニモマケズ、この人いったい何なんだろうと思う。

 

寝ぼけ眼でふらふらとキッチンに出ていく。

不服たらたらな私の目に飛び込んでくるのは、あったか〜い朝ごはん。

ツンデレって、こういう人のことを言うんだと思う。

 

その年に採用された6人のうち、東京在住でなかったのは私たち2人だけ。

訓練後、世田谷にある2DKのマンションをシェアして、一緒に住むことになった。

 

彼女は外国暮らしが長かったので、東京に住めて嬉しいと言ったが、それまで大阪を離れたことがなかった私は、すっかりホームシックに陥っていた。

 

テレビから『大阪で生まれた女』が流れてくると、すすり泣いている自分がいた。

それでも頑張ってこられたのは、Aちゃん始め同期のおかげだと、今でも心から思う。

 

明け方まで悩みを相談したり、夜通し一緒に遊んだり。

失恋して泣いて帰ってきた彼女を慰めたこともあった。

短い間だったが、20代前半の多感な時期を密に共有した。

 

今はそれぞれ結婚し、別々のところに住んでいるけれど、今でも壁にぶち当たると彼女の助言を求める。

 

「人生はドロップの缶と同じ」

 

同期の誰かがスランプに陥った時、必ず言う言葉だ。

 

「好きなドロップばっかり食べてたら、嫌いなハッカが残るよな。

でもハッカも食べんとアカンねん。

次は違う味が出てくるんやから、食べ終わるの待つだけや」

 

ハッカが出てきたからといって、よけておくのではない。

ハッカを舐めている自分を、ただ受け入れるだけなのだ。

 

いずれ飴は溶けてなくなる。

悲しみや苦しみが、未来永劫続かないのと同じように。

 

それに気づくことができる人間は強い。

今を嘆くだけでなく、その先にあるチャンスを逃さないから。

 

ひとりに一つしか与えられない、人生という小さな缶詰め。

色とりどりの輝く瞬間を、味わって生きよう。

 

からいと思っていたハッカさえ、意外と甘く感じるかもしれない。

そうすれば、人生は二度美味しい。

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。

 


人気ブログランキング

 

二人が暮らした想い出の街、ちとふなについて書きました。

こちらもあわせてご覧ください。

 

www.ciel114.com