ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

心ほど大切な器官はない

どんなにつらくても、朝は容赦なくやってくる

あと何度これを繰り返せば、楽になれる日がくるのだろう

生きていれば、こんなふうに思うときが誰にだってあるはずだ

 

母がよく言っていた

幸せのかたちは、だいたいどれも同じだけれど、不幸の種類は限りなくあるって

 

悲しいことや面倒なことは、望まなくてもやってくる

気をつけていても足元をすくわれるし、気づくと負のスパイラルに陥ったりする

 

それでも前に進まなければならない

それこそが生きている証だから

 

好きなときに生まれて、好きなときにピリオドを打てれば、どれほどいいだろう

 

でも人は無力だ

人生の選択肢が増えたといっても、これだけは選ぶことができない

 

心ほど大切な器官はない

ほかのどんな臓器より、大事にしなければならない

 

わかっているのに、人はどうして自分を傷つけるのだろう

 

日本人の自己犠牲がそうさせるのか

長いあいだ、それが美徳とされてきたから

 

でももう、そこから解き放たれるときが来たのではないか

 

読みかけの本、叶えたかった夢

だれかのために中断していたことを、もういちどはじめよう

 

置き去りにしてきた、本当の自分を取り戻す

いつだってやり直しはきくんだから

 

この世に名医はたくさんいるかもしれない

だがあなたを救えるのは、あなたしかいないのだ

 

自分自身を抱きしめてあげよう

心の声に耳を傾けよう

 

明日が好きになれるよう、今日の自分を愛してあげよう

 

2BC26C92-3333-4AC5-9CE8-8FD0B97B5B70.jpeg

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、ポチッと応援のほどお願い申し上げます。

 


人気ブログランキング